新米の季節に♪700種類以上のご飯のお供を食べた「おかわりJAPAN」長船さんおすすめ 5選

新米の季節に♪700種類以上のご飯のお供を食べた「おかわりJAPAN」長船さんおすすめ 5選

  • フーディストノート
  • 更新日:2022/09/23

新米の季節がやってくると、気になるのが「ご飯のお供」!白米のおいしさを引き立ててくれるので食卓で大活躍すること間違いなしです♪定番から変わり種など、いろいろな種類をそろえておくと食卓が楽しくなりますよ。

今回は、全国の「これさえがあればご飯がすすむ!」を探求し続け、700種類以上のご飯のお供を食べてきた長船クニヒコさんのおすすめポイントと共に、お取り寄せできる「ご飯のお供」をご紹介します。ご飯のおかわり必須の商品ばかりですよ♪

「PON!」(日本テレビ系)でも紹介!さば・カレー・味噌の極上お供

No image

「さば×カレー×味噌」という新感覚のご飯のお供。日本テレビ「PON!」でも紹介されご飯のお供No.1に選ばれました。できたてのご飯にはもちろん、さばを使っているので、マヨネーズと混ぜてパンに塗っても◎。和洋のどちらも楽しめる極上品です!

この「さばのドライカレー」はお子様にも食べてほしいご飯のお供です。人気のご飯のお供は塩辛かったり、ピリ辛だったり大人の味覚に合わせられて作られたものが多いですが、「魚が苦手なお子様にも食べてもらいたい」というあじ屋の思いから甘口に仕上げらています。さらに食品添加物は不使用。食べ盛りのお子様から本格志向の大人まで一緒に楽しんでいただけます。素朴だけど、旨みがあり奥行きのある味。(長船クニヒコさん)

あじ屋 さばのドライカレー (90g)/たべるとくらすと

「ペコジャニ∞!」(TBS系)でも紹介!自社農園で採れたごぼうがたっぷり、おかずみそ

No image

鳥取県中部の沿岸部に広がる砂畑で採れたごぼうと、ごろごろとした具材感のある豚肉、鶏肉がたっぷり入った「おかずみそ」。ごぼうは自社農園で採れたものを使っています。老舗のまるや八丁みそをはじめ、信州みそや赤みそ、白みその4種の厳選みそをブレンドして作り上げたオリジナルみそとごぼうの相性は抜群。

「ごぼう肉みそ」は自社農園でとれたごぼうがたっぷり。ごぼうの独特の香りと食感が、味の強いおみその中でもしっかり味わえます。そしてゴロゴロ感のある豚肉と鶏肉。ブレンドしたみその中でとくに注目したいのが八丁みそ。愛知県のまるやの八丁みそを使用。まるやといえばみそ蔵の中でも名門中の名門。八丁みそが醸す深い味わいを味わえます。(長船クニヒコさん)

ごぼう肉みそ/前田農園

南極料理人が監修!北海道の白鮭を使用したやみつきになるオイル漬け

No image

南極料理人西村淳氏が監修した「やみつきシャケ」。北海道産の白鮭を香ばしく焼き上げ、手作業でほぐし、オイル漬けに。鮭以外にも、ほたて、玉ねぎ、にんにく、唐辛子を合わせているので、旨味たっぷり、さまざまな食感も楽しめます。ご飯だけではなく、チャーハンの具材やサラダのトッピングとしてもおすすめです!

北海道産の白鮭の旨味に、にんにくのパンチ力がインパクト大。たまねぎの甘味もよい存在感。とどめはホタテ。ホタテ特有の旨味はもちろん、食感がこの商品の満足感をあげてくれています。鮭を使ったご飯のお供はごまんとありますが、このやみつきシャケはほかに類似品が見当たらない。「さすが、南極料理人のアイディア料理」と思わずうなる逸品。ご飯にのせても美味しいですが、オイル漬なのでパンにつけたりパスタに和えてもOK。(長船クニヒコさん)

やみつきシャケ/ノフレ

ピリッとした辛さがたまらない…!「お客様リピート率83%」の昆布の佃煮

No image

唐辛子の刺激的な辛さと昆布の旨さから、熱々のご飯がとまらなくなること間違いなし!長船さんも「糖質ダイエット中の方にはおすすめしないでくださいね」というほど、本当にご飯が止まらなくなるのだそう。昆布のほんのりとした甘みも、さらに食欲をそそるポイントです。

口に入れた瞬間は甘い佃煮…その数秒後にカッと舌の上が熱くなる感覚、こみ上げてくる唐辛子の刺激的な辛さ。庄屋さんの昆布を食べた人は口を揃えてこういいます。「辛い…辛い…でも美味しい!ご飯に合う!………おかわりっ!!」と。そしてただただ辛いだけだとすぐに飽きがきてしまいますが、リピートしたくなるもう一つの理由が、甘さとねっとり食感。甘すぎない絶妙な甘さからの激辛!この味覚の振り幅の大きさもやみつきになる理由の一つ。(長船クニヒコさん)

庄屋さんの昆布150g プラスチック容器入り/九州平水

創業から継ぎ足し作る「返したれ」が絶品!骨まで食べられるさんまの佃煮

No image

宮城県気仙沼市を拠点に海の恵みを活かした無添加お惣菜を作る「斉吉商店」のさんまの佃煮。創業から継ぎ足しで使い続けている「返したれ」で、骨ごとじっくりと炊き上げているので、子どもから年配の方までおいしくいただけます。濃すぎない味付けなので、さんまの旨味もしっかりと堪能できます。

代々、長い時間をかけて継ぎ足してきた「返したれ」。さんまの旨みをたっぷり含んだタレだけを、白いご飯にかけて食べるのもこれまた美味。ご飯1杯目は身をのせて、おかわりの2杯目はタレだけをかけてサラサラっといただくのが、私のこだわりの食べ方。ぜひお試しあれ!2011年に発生した東日本大震災で甚大な被害を受けた斉吉商店さんですが、スタッフの方が命がけで返しタレを持ち出したというエピソードがあります。本当にそのスタッフさんに感謝したいですね!(長船クニヒコさん)

金のさんま/斉吉商店

いかがでしたか?他にもおとりよせネットでは、2022年最新のおいしい「ご飯のお供」をご紹介しています。こちらもぜひチェックしてみてくださいね。

最新!ご飯のお供お取り寄せ特集

No image

おとりよせネット

日本最大級のお取り寄せ情報サイト。日本全国のお取り寄せ品を検索できるほか、料理研究家やフードライターなど「お取り寄せの達人」による推薦コーナー、季節イベントに連動した特集コーナーなどを展開。

<公式サイト>
おとりよせネット

<記事メディア>
おいしいマルシェ

<Instagram>
おとりよせネット(@otoriyose_net)

<YouTube>
至福のお取り寄せチャンネル

おとりよせネット

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加