ダル、今季初勝利6回無失点7K「集中してコントロールもよくなった」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/08/01

米大リーグ、カブスのダルビッシュ有投手(33)が31日(日本時間8月1日)、シカゴでのパイレーツ戦に先発し、86球を投げ、6回2安打無失点、1四球7三振と好投し、今季初勝利(1敗)を挙げた。先発予定だった前日30日(同31日)のレッズ戦(シンシナティ)が雨天中止となり、スライド登板だった。

「最初の方は、球に力はあったけど、コントロールも乱れていた。メンタルを整理しながら、集中してコントロールもよくなった」

一回には先頭打者に四球を与えるも牽制でアウト。リプレー検証の末、アウトになったが、ダルビッシュにしては珍しい出来事だった。

六回2死ではピッチャー返しが、右臀部を直撃するシーンもあったが「当たったときはピリピリしていたけど、今(試合後)は全然、大丈夫です」と無事を強調した。

ロス監督は「素晴らしいパフォーマンスだった。変化球もよかった」とたたえた。チームは6-3で勝利し、ここまで5勝2敗と好調だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加