中川晃教 侍ジャパンに勇気をもらい、白馬にまたがって主演作をアピール

中川晃教 侍ジャパンに勇気をもらい、白馬にまたがって主演作をアピール

  • フジテレビュー!!
  • 更新日:2022/11/25

中川晃教さんが、2年越しで迎える主演ミュージカルへの意気込みを明かしました。

ミュージカル「チェーザレ 破戒の創造者」製作発表記者会見が11月24日に東京・大井競馬場で行われ、主演の中川さん、共演の橘ケンチさん(EXILE)、別所哲也さんが出席しました。

本作は、「モーニング」(講談社刊)にて連載されていた、惣領冬実さんによる大ヒット歴史漫画をミュージカル化したもの。

イタリアの軍人であり、政治家の主人公、チェーザレ・ボルジアを中川さんが、チェーザレに生涯忠誠を誓う腹心のミゲル・ダ・コレッラを橘さんが、そして、チェーザレの父であり、ボルジア家の当主、ロドリーゴ・ボルジアを別所さんが演じます。

画像ギャラリー【全8枚】を見る

No image

左から)橘ケンチ、中川晃教、別所哲也

中川晃教 稽古中はスペイン団に扮しつつ、心は「日本、頑張れ!」

まずは、橘さん、別所さんが大井競馬場パドックを厳かに歩きながら入場。その後、クリールマグナム号という白馬に乗った中川さんが凛々しく登場し、会見がスタートしました。

中川さんは、「本日は馬に乗って登場しましたが、馬というと最近、(映画で)織田信長役を演じられた木村拓哉さんが乗っていたというニュースが記憶に新しいような気がします」と、今月初旬に開催され、岐阜市の人口を超える人数から観覧の申し込みが殺到した「ぎふ信長まつり」をふまえてコメント。

画像ギャラリー【全8枚】を見る

No image

続けて、「チェーザレも馬の名手だったそうです。まだ一人で馬に乗って走るというところまではできませんが、今日はいま、日本中が燃えていますサッカー日本代表のあの姿に勇気をいただいて頑張ってみました」と、現在開催中の「FIFA ワールドカップ カタール2022」に言及しました。

さらに、「私が演じるチェーザレはスペインの出身です。スペインといいますと、今ちょうどスペインも頑張っていますよね。稽古中はスペイン団を演じているのですが、心は“日本、頑張れ!”と応援している気持ちもあります」と、またもやサッカーにからめた心境を。

画像ギャラリー【全8枚】を見る

No image

「この作品は本来、2020年に上演する予定でした。さまざまなことがこの作品を再び上演させてくれる追い風となって、日々稽古を積んでいるところです。皆さんに観ていただける日に向かって、精進していきたい」と気合いをのぞかせました。

EXILE 橘ケンチ 踊りを封印し、初めてのミュージカルに挑戦

橘さんは「ミュージカルは初挑戦ですが、錚々たる出演者の方たちとの稽古は日々、新鮮な驚きや発見があって、ドキドキしております」と緊張をにじませ、「これまで人前で歌を披露したことがないんです。橘ケンチが初めて踊りを封印して、歌うシーンが観られると思いますので、そちらも楽しみにしていただけるとうれしい」とアピール。

画像ギャラリー【全8枚】を見る

No image

また、「以前、海外へ行ったときにロサンゼルスの空港で、検査官の方に『Are you Spanish?』と聞かれたことがありました。20年越しにスペイン人の役がきたかとワクワクしております」と、彫りの深い顔立ちゆえの経験を、爽やかなスマイルで振り返りました。

画像ギャラリー【全8枚】を見る

No image

別所さんは「絢爛豪華な衣装をまとって、この素晴らしいミュージカルに参加できることを光栄に思っております。私も中川くんのように『馬に乗りたい』と言ったのですが、『体が大きすぎるので馬がいやがるでしょう』と言われたので、遠慮させていただきました(笑)」とジョーク交じりで挨拶。

画像ギャラリー【全8枚】を見る

No image

続けて、「明治座が創業以来初めて、オーケストラピットを開けるということですので、どういうオーケストラピットなのか、こちらも音楽とともに楽しんでいただけたら。私もこの仕事を始めて35年の記念の年に、初めて明治座に立たせていただきます。新鮮な気持ちでこの作品を皆さんに届けてまいりたい」と力を込めました。

画像ギャラリー【全8枚】を見る

No image

役柄への思いを聞かれた中川さんは「歴史に名を残したチェーザレという人物は、あまりいい印象を与えるような人物ではないかもしれません。でも、その人物の若かったころ、青春時代をきりとった作品です。彼の抱えた葛藤や悩みがこの作品のマグマとなり、ルネッサンスという時代が変わっていく。運命の役と出合えたのだと実感しています」と返答。

画像ギャラリー【全8枚】を見る

No image

そして、「『チェーザレ』という作品は、お手本も見本もなく、ゼロからつくり上げていくオリジナルミュージカルです。自分にはない経験をされている方々との出会いによって化学反応が起こっていく場をいただけることは、何ものにも代えがたい経験。お客様が入って幕が開いた瞬間に、オーケストラピットから音楽のシャワーがあふれ出て、劇場いっぱいに満たされていくその日を夢見て、作品づくりに挑んでいきたい」とメッセージを送りました。

公式サイト:https://www.cesare-stage.com/

フジテレビュー!!編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加