阪神・マルテが先制打 左手一本で振り抜く

阪神・マルテが先制打 左手一本で振り抜く

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/06
No image

3回無死二、三塁、中前に先制適時打を放つ阪神・マルテ=神宮(撮影・金田祐二)

「ヤクルト-阪神」(4日、神宮球場)

開幕からヤクルトには5連勝中の阪神。前回の対戦で6点を奪ってKOしたヤクルト先発・田口から三回にマルテの適時打で先取点をもぎ取った。

先頭の近本が遊失で出塁。続く糸原とのランエンドヒットで、一、三塁とし、打席には3番・マルテが入った。

1ストライクからの2球目で一走・糸原が二盗に成功。二、三塁とチャンスが拡大した。マルテはカウント2-2から田口が投じた内角138キロ直球を腕をたたんで左手一本で振り抜いた。詰まりながらも打球は中前に落ち、三走・近本が先制の生還を果たした。

この一打で打率・296に上昇。打点も「17」となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加