“最強寒波”高知県内16観測地点全てで最低気温が氷点下の厳しい冷え込みに 26日にかけて低温に注意

“最強寒波”高知県内16観測地点全てで最低気温が氷点下の厳しい冷え込みに 26日にかけて低温に注意

  • KUTVニュース
  • 更新日:2023/01/25

強い冬型の気圧配置の影響で高知県内は25日朝、各地で厳しい冷え込みとなりました。高知県内での大雪の峠は超えましたが、気温が低い状態はあすにかけて続く見込みです。

【写真を見る】“最強寒波”高知県内16観測地点全てで最低気温が氷点下の厳しい冷え込みに 26日にかけて低温に注意

四国地方の上空約1500メートルには氷点下12度以下のこの冬一番の強い寒気が流れ込み、25日朝、高知県内は厳しい冷え込みとなりました。
▼今橋広海記者
「いの町本川です。寒波の影響で道路一面が真っ白となっていてこちらセンターラインが見えない状況となっています」

最低気温はいの町本川でマイナス7.3℃、梼原町でマイナス6.4℃、四万十町窪川でマイナス4.8℃など高知県内16観測地点全てで氷点下となり、8か所で今シーズン一番の冷え込みとなりました。

またきのうから山間部を中心に雪となり、午前6時現在の積雪は津野町高野で5センチとなっています。
四万十市の四万十川にかかる赤鉄橋付近では河川敷が雪で真っ白になり、1センチほどの雪が積もっていました。日中も寒気の影響で気温が上がらず、最高気温は高知市で6℃、室戸岬と足摺岬で5℃と予想されています。

高知地方気象台によりますと気温が低い状態はあすにかけて続く見込みで、水道管の凍結や路面の凍結による交通障害、農作物の管理に注意するよう呼びかけています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加