新浜 無念2位...転倒の残像に恐怖心「最低限のレースをしてしまっている」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/23

◇スピードスケート 全日本選抜競技会八戸大会第1日(2020年11月20日 YSアリーナ八戸)

新浜は見えない敵に苦しめられ、2位に終わった。

前週の練習で転倒した記憶が頭から消えず「恐怖心が生まれ、セーフティーに最低限のレースをしてしまっている。恐怖がなくなるには時間がかかると思う」と無念の表情。カーブに思い切り突っ込めず、最初の100メートルでライバル村上に0秒23差をつけられた。

コーナーの安定感を求め、今季からしなりの少ないシューズを履く。「コーナーの安定感はいいが、ストレートの強みが消えている」と道具の選択にも苦慮しており、試行錯誤は続く。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加