北陸新幹線の「W7系」2編成を新製投入へ 2019年に台風で被災 JR西日本

北陸新幹線の「W7系」2編成を新製投入へ 2019年に台風で被災 JR西日本

  • 乗りものニュース
  • 更新日:2020/10/16
No image

北陸新幹線(画像:JR西日本)。

JR西日本は2020年10月16日(金)、台風により被災した北陸新幹線用の車両「W7系」を2編成新製投入すると発表しました。

2019年10月の台風19号による大雨で千曲川が氾濫し、長野新幹線車両センター(長野市)が浸水。JR東日本のE7系8編成とJR西日本のW7系2編成(計10編成120両)が被災し、廃車となりました。

JR西日本は現在走行しているW7系の基本仕様をベースにW7系を改めて2編成新製し、2021年度下期に投入する計画です。

乗りものニュース編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加