元NMB48・木下百花の“首のタトゥー”に恥ずかしいミス!? 本人は弁解も...

元NMB48・木下百花の“首のタトゥー”に恥ずかしいミス!? 本人は弁解も...

  • まいじつ
  • 更新日:2020/09/28
No image

Rawpixel.com / Shutterstock

元『NMB48』で、現在はシンガーソングライターとして活動する木下百花が9月24日、『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に出演。首に入ったクモのタトゥーを紹介したものの、そのクモの足が〝6本〟だったことについて、ツッコミを入れる声が続出している。

【関連】市川美織“レモン汁”溢れるM字開脚に大興奮「インリンの後継者?」ほか

木下は2017年9月にグループを卒業。在籍当初はアイドルらしい風貌をしていたが、次第に個性を発揮し、派手な髪色や破天荒な言動をウリに。現在は、自身が作曲する楽曲の方向性と同じ見た目を、とのことで黒髪ショートヘアーになっている。

番組では、木下が「ノリで入れた」という首にある握りこぶし大のクモのタトゥーについて話題を展開。「なぜ首という目立つ部分に入れたのか」と尋ねられると、木下は、アクセサリーの代わりに、とファッション感覚で入れたと説明し、「見えるところだから入れたんです」と回答。続けて、「それか見えないところで全身、和彫りにしようかと思った」と究極の2択だったことを明かすと、MCのマツコ・デラックスと『ナインティナイン』矢部浩之は手を叩いて爆笑し、マツコは「それ(和彫り)オシャレだったかも!」と反応するのだった。

足が6本のクモ?

「ここで注目したいのが、番組内で〝クモ〟〝スパイダー〟と形容された木下のタトゥーです。本来クモの足は8本ですが、木下は〝6本〟。視聴者からは恥ずかしいミスだと指摘する声が相次いでいます」(芸能ライター)

実際にネット上では、

《蜘蛛は8本… これは…》《え?クモって足の本数8本じゃない!? 6本じゃないよねwww  どこのタトゥースタジオ?彫り師は誰? 一生残るのにやっちまったなwww》《8本だよね? 恥ずかしい刺青になってないか?》《蜘蛛のタトゥーって言われても、蜘蛛は足8本じゃなかったっけ?》

などと動揺する声が続出。

しかし放送翌日、木下は自身のツイッターで、《蜘蛛は足8本って知ってるしそもそもこれは蜘蛛じゃないです》と認識を示した上で、《収録でも訂正はしたけど訂正されてなかったのは視聴者に伝わりやすいようにそういう事にしたんだと思う テレビってまじでそこに映ってる事だけそのまま受け取られるから一分一秒が大切ですね》と番組上の演出だったと弁明している。

蜘蛛は足8本って知ってるしそもそもこれは蜘蛛じゃないです収録でも訂正はしたけど訂正されてなかったのは視聴者に伝わりやすいようにそういう事にしたんだと思う
テレビってまじでそこに映ってる事だけそのまま受け取られるから一分一秒が大切ですね https://t.co/imA4N5beCQ
— 木下百花 (@wanderlandlove)
September 25, 2020
from Twitter

この柄を《蜘蛛ちゃうねんこれ何なのかは私も分からんけど》としている木下。何かわからない柄を首に入れるのは、確かにロックかもしれない…。

【画像】

Rawpixel.com / Shutterstock

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加