[たつ年]4月中旬~5月中旬運勢 開運の鍵は判断力。睡眠が強化の肝

[たつ年]4月中旬~5月中旬運勢 開運の鍵は判断力。睡眠が強化の肝

  • CREA WEB
  • 更新日:2021/04/08

辰(たつ)年

4月12日(月)〜5月11日(火)の運勢

No image

判断を迫られる場面が多くなる予感。

その決断次第で、あなたの運命や物事の結果が大きく変わります。

失敗しないために必要なのは、十分な休息です。

睡眠不足のときというのは、イライラしやすく、冷静さを失いがち。ストレス耐性も減少するので、プレッシャーに負けてしまうことも。

判断を間違わないためには、しっかり寝ること。まずはそこを死守しましょう。

また、仕事面では、膨大な作業を任される人も出てきそう。

心が折れそうになるかもしれませんが、そのミッションは、あなたが信頼されている証。

そう捉えて励むことが、この場合の“正しい判断”です。

仕事であれ、恋愛であれ、金銭面であれ……地に足のついた判断をすれば、好ましい結果が得られます。

台湾では「休むことでより遠くまで歩いていける(休息是為了走更遠的路)」と、休息の大切さを説く言葉があります。

大変なときこそ、しっかり眠って、精のつく物を食べて、しかと運を掴みましょう。

この時期に注意すべきは、交通事故。車の運転時は言うまでもなく、自転車や歩行での移動時にも気を抜かないように。

また、お金を騙し取られないよう用心を。

貸したお金は返ってきません。うまい儲け話などありません。手元のお金はしっかりと管理してください。

健康面で注意したいのは、コレステロール値、中性脂肪。

この時期、相性がいいのは、子(ねずみ)、申(さる)、酉(とり)年。

距離を置いたほうがいいのは、丑(うし)、卯(うさぎ)、辰(たつ)、戌(いぬ)年の人。

吉方位は、北と西。避けたほうがいいのは、南と東。

※次回更新日は5月9日(日)

※台湾の占いは旧暦が基本。旧暦と西暦で干支が変わる人もいますが、ここでは西暦での干支でみられるように占っています。

辰(たつ)年

神鳥さんが授けるお守りアイテム

「山海鎮」と呼ばれる絵画の力を借りましょう。

中央後方に山、そこから手前へと広がる海の風景画に、八卦太極図や文字を重ねた風水アイテムで、鏡に描かれているのが一般的です。

家の周囲に尖ったものなど気の流れを阻むものがある際に、外側に向けて飾り、邪気を跳ね返すなどの方法で使われています。

海と山の力で、トラブルや災難の種を跳ね返し、住まいの気を鎮めましょう。

実物を取り寄せるのが理想的ですが「山海鎮」で画像検索し、気に入ったものをプリントして代用してもOKです。

ここでは、家の中、またはオフィスの自分のデスク周りのよく目につく場所に飾りましょう。

この時期のラッキーカラーは、黒と白。避けたほうがいいのは、赤と黄色。

※次回更新日は5月9日(日)

辰(たつ)年・基本性格

向上心が旺盛で、高く掲げた目標に果敢に挑んでいく勇者です。

常に前向きで、言動はポジティブ。過去を振り返って立ち止まったり、くよくよ悩んだりすることは少ないことでしょう。

フットワークが軽く、興味を持ったことには即行で着手。性に合わないと感じたなら、すぐに見切りをつける一方、“これこそは!”とひらめいた事柄には、強い意志をもって突き詰め、その道を極めていく人です。

また、聡明で時機を読む力があり、財テクでひと財産築くポテンシャルを秘めています。

気っ風がよく、女性であっても、どこか“男前”。面倒見がよく、年下から慕われることが多いでしょう。

親孝行でもあり、日頃から何かと家族のことを気にかけていているのでは。そんなあなたの存在は一家の心の支えとなっているはず。

悟明老師(ウーミン ラオシー)

「易屋軒命理」算命師。祖父の代から続く占術家で、一子相伝の奥義を受け継ぐ。占い歴は25年。本サイトでは東洋の占星術「十二太歳宮理論」に基づく干支の運勢を「鳥卦」によって詳細に解説。
台北市饒河街夜市内(饒河街220號の前)での鳥占いは、連日、長蛇の列ができる人気ぶり。生まれ年と質問を伝えると、神鳥が中国タロットのカードをついばみ、先生が解読。探し物が見つかるとのクチコミ多数。
鑑定は17時30分~23時まで。鳥卦(約10分)は、一問につき300元。通訳を希望すれば、専属の通訳者がネット電話ごしに説明してくれる。鳥卦以外にも紫微斗数、四柱推命などのパーソナルな占いの依頼も可能。電話番号:0930-763-546(中国語対応)

文=堀 由美子
イラスト=さじきまい

悟明老師

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加