一時1ドル=140円台に 約24年ぶりの円買い介入

一時1ドル=140円台に 約24年ぶりの円買い介入

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/09/23
No image

動画を見る(元記事へ)

政府は急激に進む円安を是正するため、ドルを売って円を買う為替介入をおよそ24年ぶりに実施しました。

鈴木財務大臣:「(為替介入の効果は)もちろん今の時点において一定の効果が数字のうえに表れていると理解している」

22日の円相場は日銀の黒田総裁が「当面、金利を引き上げることはない」と発言したことなどで1ドル=145円後半まで円安が進みましたが、政府・日銀が円買いドル売り介入し、一時140円台まで円高に反転しました。

鈴木財務大臣は一定の効果はあったと述べましたが、介入した時間や規模など詳細は明らかにしませんでした。

円買い介入の実施は1998年以来、およそ24年ぶりです。

岸田総理大臣は「過度な変動に対しては断固として必要な対応を取りたい」と述べました。

市場関係者からは「介入が1回あるのとないのとでは違うから意識する」と警戒の声が上がる一方、「金利差が変わった訳ではないので時間が経つと戻るだろう」「一国が対抗しようとしても限界がある」など懐疑的な見方も出ています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加