リバプール沈めた20歳をねぎらうジダン監督「彼にはゴールが欠けていたが...」

リバプール沈めた20歳をねぎらうジダン監督「彼にはゴールが欠けていたが...」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/04/07
No image

[4.6 欧州CL準々決勝 R・マドリー 3-1 リバプール]

レアル・マドリーに大きなアドバンテージをもたらしたのは、FWビニシウス・ジュニオールの2ゴールだった。これまで決定力に悩んできた20歳に対してジネディーヌ・ジダン監督は「彼にはゴールが欠けていた。今日の結果で、自信をもってプレーできるはずだ」と信頼を寄せている。

スペイン紙『マルカ』によると、ジダン監督は試合後の会見でビニシウスに言及。「彼が得点したことは嬉しいよ。なぜならマルコ(・アセンシオ)やカリム(・ベンゼマ)のように、彼には得点が必要だったからね」と心境を示した上で「これが彼にとって(R・マドリーでの)ベストゲームかはわからない。だが準々決勝での2ゴールは、とても重要なものだ」と述べている。

また加入3年目の20歳に対して「彼のプレーは良かったし、チームの助けになってくれた。ゴールしたことで調子も上がるだろう」と今後への期待も語った。

なお、リバプール戦では試合直前にDFラファエル・バランから新型コロナウイルスの陽性反応が確認され、負傷により再離脱したDFセルヒオ・ラモスとともに両センターバックを欠く緊急事態となった。それでも「準備してきたことは何も変えなかった」とジダン監督。「選手たちがやっていることは、これまでの困難な状況を考えれば、とてつもなく素晴らしいことだ」と名門相手の勝利を誇った。

●チャンピオンズリーグ(CL)20-21特集

●ラ・リーガ2020-21特集

●プレミアリーグ2020-21特集

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加