これが猫だと...? 「ただただ愛おしい丸」 360度どこから見ても至高フォルムにフォロワー悶絶

これが猫だと...? 「ただただ愛おしい丸」 360度どこから見ても至高フォルムにフォロワー悶絶

  • eltha
  • 更新日:2020/09/17
No image

うしろ姿はおかっぱ模様の“うなぎ”(画像提供:@una1535)

こんがり色づいたお饅頭のような丸い後頭部…「この世の宝」「モンブランみたい」「かわいすぎて食べちゃいたい」と、多くの猫好きを癒しているのがスコティッシュフォールドの“うなぎ”(4歳・オス)。同じくスコティッシュフォールドの“ぽんちょ”(3歳・メス)と共に、もふもふすぎる姿が多くのフォロワーを虜に。愛らしい動きから目が離せない“うなぽん”の日常を、飼い主さん(@una1535)に聞いた。

【写真】ちっちゃくなって体ごとダイブしたい…指入れたくなるうなちゃんのふかふかな胸元に、2匹の濡れ猫ショットも

■猫ファン大好物のまん丸さ 実はうしろから見るとおかっぱ模様の“うなぎ”

――まずは、うなぎちゃんをご家族として迎えたきっかけを教えていただけますか?

「ずっと猫を迎えたいと思っていて、うなぎの色合いや模様、かわいらしい顔に惹かれて決めました」

――「モンブランみたい」、「おいしそうな饅頭頭」など、うなぎちゃんのまん丸フォルムに多くの猫好きが癒されています。改めて、うなぎちゃんのチャームポイントはどのあたりでしょう?

「まあるい後頭部は、うしろから見るとおかっぱ模様なんです。小さくちょこっと出ている耳も、チャームポイントだと思います」

――うなぎちゃんの1日の日課で特徴的なものはありますか?

「普段はあまり甘えないのですが、私が仕事から帰ってくると、満足するまでずっと頬をすりすりしてきます」

■朝はおしゃべりな“ぽんちょ” くりくりお目々がチャームポイント

――ぽんちょちゃんをご家族に迎えたきっかけは?

「うなぎがさみしい思いをしないよう2匹目を検討している時に出会ったのが、ぽんちょです。色合いや顔が好みだったので、お迎えすることに決めました」

――床に転がって体を動かす“もきゅもきゅストレッチ”がとてもかわいいですが、ぽんちょちゃんのチャームポイントは?

「ぺったんこの耳と短めの足、あとはちょっと変わった柄です」

――ぽんちょちゃんの1日の日課で特徴的なことはありますか?

「朝のご挨拶は普段よりもおしゃべりです。あとは、物干し竿の鉄パイプに寄りかかっていることが多いですね」

■スマホのカメラロールは“うなぽん”だらけ「癒しを発信していきたい」

――SNSを始めたきっかけは?

「猫を飼っていない時代にTwitterでいろいろなかわいい猫ちゃんのアカウントをフォローして癒されていたんです。自分も同じように、猫を飼いたくても飼えない人や、動物の写真が好きな人などいろいろな人たちに癒しの発信していきたいと思い、SNSを始めました」

――始めてから、ご自身や猫ちゃんの生活で変わったことはありますか?

「スマホのフォルダが猫まみれになりました(笑)」

――飼い主さんが、2匹といて一番幸せを感じる瞬間はどんな時ですか?

「一緒にお昼寝をしている時ですね」

――今後の活動予定がありましたら、教えてください。

「うなぎとぽんちょのYouTubeチャンネルがあるので、今後も面白い動画やかわいい動画が撮れたらアップしていく予定です」

――では最後に、2匹と一緒に実現させたい夢はありますか。

「いつまでも健康で、少しでも長い時間を一緒に過ごしていけたらと思っています」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加