広島・佐々岡監督 視察初日に早くもカツ 「グラウンドで声が出ていない」

広島・佐々岡監督 視察初日に早くもカツ 「グラウンドで声が出ていない」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/24

◇フェニックス・リーグ 広島4-4ヤクルト(2020年11月21日 天福)

No image

日南天福球場でフェニックス・リーグを視察し、監督代行の東出2軍打撃コーチから説明を受ける広島・佐々岡監督

広島の佐々岡監督がフェニックス・リーグ視察初日にいきなりカツを入れた。

ヤクルト戦終了後、ベンチに選手を集め「グラウンドで声が出ていないし、元気がない。特に今年1軍を経験した選手は、引っ張るぐらいの気持ちでやってもらいたい」と一喝。

小園や大盛、中村奨、林、羽月ら1軍予備軍が対象で「課題消化に頭がいっぱいなのかもしれないけど、姿勢でも(他の若手と)格の違いをみせてほしい」と注文していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加