解任の小林賢太郎氏 組織委通じ謝罪「浅はかに人の気を惹こうとした」

解任の小林賢太郎氏 組織委通じ謝罪「浅はかに人の気を惹こうとした」

  • デイリースポーツonline
  • 更新日:2021/07/23
No image

小林賢太郎氏(2007年撮影)

東京五輪・パラリンピック組織委員会は22日、メーンプレスセンター(MPC)で会見し、23日に行われる開会式でショーディレクターを務める予定だった元ラーメンズの小林賢太郎氏の解任を発表した。

小林氏は芸人時代にユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)を扱ったコントをしたとして、米ユダヤ系団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」が非難声明を発表していた。

小林氏は組織委員会を通じてコメントを発表し「小林賢太郎と申します。元コメディアンで今はエンターテイメントの裏方をしています。かつてのコントのセリフの中に不適切な表現があったとご指摘がありました。確かにご指摘のとおり、1998年の若手芸人を紹介するビデオの中のコントのセリフで不適切な表現がありました。当時を思い返すと、思うように人を笑わせられない時期に、浅はかに人の気を惹こうとしました。良くないことと思い、人を傷つけない笑いを目指すようになっていきました。あってはならないことだったと思います。自分の言葉選びが間違っていたと理解し、反省しています。深くお詫び申し上げます」と、謝罪した。

開会式を巡っては、五輪開会式作曲担当の小山田圭吾氏が過去に雑誌で障がい者とみられる同級生をいじめていた過去を告白していたことを問題視され、20日に辞任したばかりだった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加