電子音楽とデジタルアートの祭典<MUTEK.JP>最終ラインナップ&全プログラム公開|全43組の国内外アーティスト決定、カンファレンスイベントも同時開催

電子音楽とデジタルアートの祭典<MUTEK.JP>最終ラインナップ&全プログラム公開|全43組の国内外アーティスト決定、カンファレンスイベントも同時開催

  • Qetic
  • 更新日:2022/11/25
No image

今年で7年目を迎える電子音楽とデジタルアートの祭典<MUTEK.JP>が東京・渋谷のさまざまな会場で、12月7日(水)から11日(日)までの5日間開催。最先端のデジタルアートと、音楽によるコラボレーションによる音楽フェスティバルには、全43組の国内外アーティスト(26のパフォーマンス)の出演が決定した。また今年はデジタルクリエイティブに焦点を当て、AI、XR、メタバース、WEB3などの業界の発展に寄与することを目的としたカンファレンスイベントも同時開催されることに。

<MUTEK.JP>最終ラインナップ&全プログラム公開

音楽フェスティバルには、すでに発表済みとなっている池田亮司が10年振りの最新アルバムからオーディオビジュアルコンサートを披露。そして、中国系カナダ人Sougwen 愫君 Chungのインスタレーション。ドイツ実験音響の最高峰レーベル〈Raster〉ショーケース。ロンドン在住の日本人歌手・実験的ボーカルパフォーマーのHatis Noit。ドイツ人プロデューサーPantha du Prince待望の初来日公演など豪華ラインナップ。

さらにフランスから「テクノ界のハッカー」の異名を持ち、マシーンハッキング、モーションキャプチャセンサー、クリエイティブコーディングを使用し、テクノロジーとダンスの新しい合成をパフォーマンスするNSDOS。そして、国内からはグラフィックアーティストYOSHIROTTENによる初のオーディオビジュアル・ライブパフォーマンスなどを追加。さらに東京を代表するクラブ「WOMB」と今年もオールナイトイベントを開催されることに。

「LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)」「渋谷ストリーム ホール」「Spotify O-EAST」の3会場・5公演すべてに入場できるパスポート前売(18,000円)を絶賛販売中。

No image

カンファレンスではAI、XR、メタバース、WEB3などについて語る

<MUTEK.JP 2022>の一環として、今年はデジタルクリエイティブに焦点を当て、クリエイティブ業界の発展に寄与することを目的としたカンファレンスイベント<MUTEK.JP Pro Conference>が12月8日(木)と9日(金)の2日間に渡りSHIBUYA QWSの「スクランブルホール」にて開催。フェスティバルに参加する国内外のアーティスト、クリエイターをはじめ、技術者、専門家、企業からの立役者が一堂に会し、トーク、パネルディスカッション、プレゼンテーションなどのプログラムを通して、デジタルクリエイティブなコンテンツの価値を探求していく。

最新技術を活用したAI、XR、メタバース、WEB3などをキーワードに「パブリックアートインスタレーションの未来」「XRプロダクション&ストーリーテリング」「ビジネスモデルとしてのイマーシヴ・アートスペース」、「AIとクリエイティビティ」「イマーシヴソニック体験の新しい形」「XRからメタバースへ」「クリエイティブシティ」などをテーマに掲げたトークセッションが行われる。

ほかにも、最先端のXR技術を用いたクリエイティブ作品の展示会「VR Exhibition」や電子音楽とデジタルアートの祭典「MUTEK.JP」とコンテンポラリーダンスの祭典「ヨコハマダンスコレクション」が初めて提携するなど、さまざまな取り組みが企画されているので、ぜひオフィシャルサイトでチェックしてほしい。

No image
No image

INFORMATION

MUTEK.JP 2022 Edition 7

No image

2022年12月7日(水)~11日(日)

会 場:

LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)渋谷ストリーム ホールSpotify O-EASTWOMBスクランブルホール(SHIBUYA QWS)

料 金:

パスポート前売 ¥18,000(〜12月5日まで)※パスポートでは以下の公演にご入場いただけます。・12月7日(水) [A/Visions] LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)・12月8日(木) [Play 1] 渋谷ストリーム ホール・12月9日(金) [Play 2] 渋谷ストリーム ホール・12月10日(土) [Nocturne 1] Spotify O-EAST・12月11日(日)[Nocturne 2] Spotify O-EAST上記以外のプログラム(WOMBとMUTEK.JP Pro Conference)及び、各公演のチケットは各イベントページをご覧ください。

主 催:一般社団法人MUTEK Japan文化庁委託事業「令和4年度戦略的芸術文化創造推進事業」

特別協賛:東急株式会社

協 力:エアカナダ

後 援:J -WAVE、カナダ大使館、CALQ、ケベック州政府在日事務所、渋谷区、オランダ王国大使館 、オーストリア文化フォーラム、アンスティチュ・フランセ日本、ゲーテ・インスティトゥート、TEAM EXPO 2025

オフィシャルサイトチケットリンク

MUTEK.JP PRO Conference

No image

日 時:12月8日(木)11:00-18:0012月9日(金)11:00-18:00

会 場:スクランブルホール(SHIBUYA QWS)

料 金:¥5,000(2日間)※『MUTEK.JP Pro Conference』のご参加はフェスティバルとは別途チケットをお買い求めください。

登 壇:12月8日(木)Daito Manabe (Rhizomatiks)Dorothy Di Stefano (Molten Immersive Art)Hanae Tamura (MUTEK.JP)Kuniyasu Komukai (J-WAVE)Jenny Thibault (Society for Arts and Technology (SAT))Junichi Takekawa (MUTEK.JP)Maurice Jones (MUTEK.JP)Ou Sugiyama (Mori Building)Paul Boyland (Panasonic)Shuichiro Iwanami (MUTEK.JP)Sougwen Chung (SCILICET)Tessa Nijdam (SCILICET)Tom Kawada (AR 3 Brothers)

12月9日(金)Alain Mongeau (MUTEK)Eiichi Sawado (Musician)Emi Kusano (Fictionera)France Jobin & Markus Heckmann (Artist)Genki Nishida (Refraction)Greg Debicki (Woulg)Katsutoshi Machiba (Beyond the Frame Festival)Lola Baraldi (MUTEK)Mari Asada (Marimo)Mike Sunda (PUSH Japan)Mourad Bennacer (Society for Arts and Technology (SAT))Myriam Bleau (Artist)Nao Tokui (Qosmo Inc.)Ren Stern (Senspace)Rieko Takahashi (Miraikan)Seiichi Saito (Panoramatiks)Tim Stevens (British Film Institute)

詳細はこちら

Copyright (C) Qetic Inc. All rights reserved.

中村悠人

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加