NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
テトラ・アビエーションが空飛ぶクルマ「Mk-5」の予約販売を開始、引渡しは2022年

テトラ・アビエーションが空飛ぶクルマ「Mk-5」の予約販売を開始、引渡しは2022年

  • @DIME
  • 更新日:2021/07/22
No image

空飛ぶクルマ「Mk-5」が公開

テトラ・アビエーションはは7月7日に南相馬市といわゆる空飛ぶクルマ(eVTOL)の開発に向けて連携協定締結した。

連携協定により、引き続き福島ロボットテストフィールドでの試験飛行や、2025年大阪万博、2030年以降エアモビリティでの移動が始まる時期に次世代のエンジニアの育成として南相馬市との連携をさらに高められる。

No image

また、締結式において新機種であるMk-5(まーくふぁいぶ)のイメージ画像と模型を公開した。実機は7月26日から米国で開催される世界最大級の航空機の展示会であるEAA AirVenture Oshkosh 2021にて展示し、2022年引き渡しを前提に予約販売を開始する。

この新機種は米国において現行法の下、オーダーメイドでキット機として販売。今後、日本国内においても自家用航空機として販売できるよう開発を進める。

No image

1/10サイズ模型

EAA AirVenture Oshkosh 2021

https://www.eaa.org/airventure

構成/ino.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加