「ナンバMG5」元レディース美女・鈴木ゆうか、“頬腫れた”写真投稿 最終話迎え心境語る「毎日すごく刺激的」

「ナンバMG5」元レディース美女・鈴木ゆうか、“頬腫れた”写真投稿 最終話迎え心境語る「毎日すごく刺激的」

  • モデルプレス
  • 更新日:2022/06/23

【モデルプレス=2022/06/23】俳優の間宮祥太朗が主演を務めるフジテレビ系水10ドラマ「ナンバMG5」(毎週水曜よる10時~)の最終話が、22日に放送された。同日、女優の鈴木ゆうかが自身のSNSにて写真を投稿し、話題となっている。

No image

(写真 : 鈴木ゆうかTwitterより)

【写真】鈴木ゆうか、横浜流星らとの交流 撮影初日は「緊張でおかしくなりそうでした」

◆鈴木ゆうか、頬が腫れた写真公開

同作は、不良漫画の天才・小沢としおの「ナンバMG5」&「ナンバデッドエンド」(秋田書店)を映像化。筋金入りのヤンキー一家「難破家」の次男・剛(間宮)が、実は「ヤンキーをやめたい」「普通の高校生になりたい」と、家族に内緒で健全な高校に入学するという高校“逆”デビュー物語。

鈴木は、横浜のレディース「横浜魔苦須(マックス)」の元二代目総長で、剛の後輩である牧野弥生役を演じた。

最終話放送前、鈴木は「親知らず抜いたので腫れ気味ですが 松Tシャツを着てぺろと気合い入れて 見届ける予定です」と親知らずを抜いて、頬が腫れた写真を投稿。シュッとした顔立ちの鈴木だが、片側の頬がぷっくりと腫れた可愛らしい姿となっている。

◆鈴木ゆうか「毎日がすごく刺激的」撮影振り返る

そして、最終話を終え「はじめてのことだらけで毎日すごく刺激的で弥生として作品に参加できたこと本当に宝物です」と撮影を振り返り、心境を告白。

撮影中のオフショットとともに「難破最強ーーー」と締めくくった。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加