新型12.9インチiPad Proと11インチiPad Pro、共にA14X搭載か

新型12.9インチiPad Proと11インチiPad Pro、共にA14X搭載か

  • iPhone Mania
  • 更新日:2021/02/24
No image

新型12.9インチiPad Proに搭載されると噂のミニLEDバックライトディスプレイに用いるミニLEDの生産が、まもなく開始されるようです。新型12.9インチiPad Proは、新型11インチiPad Proと共に、5Gに対応、A14Xチップを搭載して登場する可能性があると、MacRumorsが予想しています。

台湾Ennostarが、3月にもミニLEDバックライトユニットの生産開始か

台湾DigiTimesによれば、台湾EpistarとLextar Electronicsが共同で設立した持ち株会社であるEnnostarが、12.9インチiPad Pro用のミニLEDバックライトユニットの生産を、2021年第1四半期(1月〜3月)後半か、第2四半期(4月〜6月)に開始するとのことです。

ミニLEDの製造はEpistarが行い、Lextar Electronicsがバックライト用にパッケージ化し、Ennostarがユニットに仕上げる見通しです。

この生産計画から、新型12.9インチiPad Proは2021年3月に発表される可能性が高そうです。

11インチiPad ProもA14X搭載、5G対応で登場か

ミニLEDバックライトディスプレイを搭載するのは新型12.9インチiPad Proのみと予想されており、11インチiPad Proがどうなるかは不明ですが、もしも新型11インチiPad Proが同時に発表される場合は、搭載チップがA14Xに変更され、5Gに対応するのではないかと、MacRumorsは予想しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加