エバートン売却か...オーナーは最低でも約800億円を要求と報道

エバートン売却か...オーナーは最低でも約800億円を要求と報道

  • ゲキサカ
  • 更新日:2023/01/25

エバートンのオーナーであるファハド・モシリ氏がクラブを売りに出し、少なくとも5億ポンド(約800億円)を要求しているという。英紙『ガーディアン』が報じた。

現在、プレミアリーグ19位で降格圏に沈むエバートン。公式戦ここ10戦2分8敗の未勝利と調子は上がらず、23日にはフランク・ランパード監督の解任が発表された。

モシリ氏はここ数週間の首脳陣への激しい批判を受け、売却を考えるようになった模様。多くの買い手候補からの関心がある中、建設中である新スタジアムに投資した資金を回収したいとの考えもあるようだ。

売却の動きが報じられる中、24日にはMFアンソニー・ゴードンやMFアマドゥ・オナナが練習を欠席したことが明らかになっており、1月の移籍市場が閉まる前にクラブを出ていく道を模索しているのではないかとの憶測も流れる。また、ランパード氏の後任候補の最有力と見られたマルセロ・ビエルサ氏にはオファーを拒否されたと伝えられている。

一方で、モシリ氏は『リバプール・エコー』にクラブの売却は考えていないと語っているようだが――。
●プレミアリーグ2022-23特集

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加