“英雄色を好む”な豊臣秀吉の女性関係描くギャグ「太閤えっち」が単行本に

“英雄色を好む”な豊臣秀吉の女性関係描くギャグ「太閤えっち」が単行本に

  • コミックナタリー
  • 更新日:2020/05/29

荒木俊明「太閤えっち」の単行本が、本日5月29日に発売された。「太閤えっち」「太閤えっち」は「英雄色を好む」を地で行ったともされる豊臣秀吉の女性関係を描いたギャグ。正室や側室はもちろん、未亡人や家臣の妻など、秀吉が毎夜さまざまな女性と体を重ねる様子が描写される。本作は週刊漫画ゴラク(日本文芸社)にて連載された。単行本には幕末が舞台の読み切り「幕末もんもん伝」も収められている。

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加