西武・栗山「プロは移動日が見せどころ」午前6時起床で決勝打 源田気迫のヘッスラに発奮!

西武・栗山「プロは移動日が見せどころ」午前6時起床で決勝打 源田気迫のヘッスラに発奮!

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/10/17

◇パ・リーグ 西武2―1オリックス(2020年10月16日 メットライフドーム)

No image

<西・オ>ヒーローインタビューを終えガッツポーズする栗山(撮影・久冨木 修)

西武は、37歳の栗山が決勝の逆転2点二塁打で連敗を2で止めた。借金は2に戻った。

0―1の6回2死一、二塁。オリックス先発・山岡の内角直球を鋭く右中間へ振り抜いたプロ19年目は「自分でもびっくりするくらいいい形ではじき返せた」と笑顔を見せた。

前日(15日)は札幌で日本ハムとの3時間46分のナイトゲームにフル出場した。この日は午前6時に起床。同7時に現地を出発して本拠地に移動した。

「プロ野球選手はここ(移動日)が見せどころ。こういう日にどうできるかが試される。結果が出てよかった」と2安打2打点に胸も張った。

発奮材料もあった。直前の1死一塁で、一走の源田が二塁へヘッドスライディング。野手と交錯し頭部を強打して、プレーが一時止まった。「あんな場面で頭からいかれてびっくりした。(源田も)自分の失策で1点入って、そういう(頭からいく)プレーになったと思う」と、責任を自覚する後輩の戦いにも刺激を受けて、一打を放った。

辻監督も「栗山はベテランで一番疲れているんだよ。それなのに素晴らしい一打だった。でもみんなも朝6時起きでしんどかったと思う」とナイン全員を称えていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加