【11月26日の舞いあがれ!】第8週「いざ、航空学校へ!」合格した舞は仲間と宮崎での寮生活へ

【11月26日の舞いあがれ!】第8週「いざ、航空学校へ!」合格した舞は仲間と宮崎での寮生活へ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/11/26
No image

航空学校から空を見上げる舞(福原遥)

福原遥主演のNHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」(月曜~土曜8時・土曜は一週間振り返り放送)。11月26日の土曜日は、今週放送された第36~40話の見どころをまとめてどうぞ!

【今週のあらすじ】

パイロットになる夢を実現するため、航空学校へ行くことを両親から認められた舞(福原遥)。大学での勉強と、航空学校の受験勉強、さらに少しでも自分の学費を補うためのアルバイトと忙しい日々を過ごす。1次試験、2次試験を無事に通過した舞は、最後の面接試験に臨む。そこで一緒になった柏木(目黒蓮)からは小馬鹿にされてしまう。しかし舞は、無事に航空大学入学を果たす。父・浩太(高橋克典)と母・めぐみ(永作博美)からの励ましをもらい、舞は航空学校へと旅立つ。そこで柏木や倫子(山崎紘菜)、水島(佐野弘樹)、中澤(濱正悟)、吉田(醍醐虎汰朗)ら同期の仲間たちとの寮生活と、パイロット訓練を受けるための勉強が始まる。舞は、最初はバラバラだった仲間たちと、次第に絆を深めていく。

◆  ◆

あんなふうに空高く飛びたいー。ものづくりの町・東大阪で暮らす舞は、長崎の五島列島に住む祖母のもとでばらもん凧と出会い、空への憧れから、やがてパイロットを目指すように。飛行機づくりに情熱を燃やす仲間と共に、舞の夢は大空へと飛び立っていく。語りは前々作「カムカムエブリバディ」で英語の先生を演じた、シンガーソングライター・さだまさしが担当する。主題歌はback numberの「アイラブユー」。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加