芦田愛菜が9年ぶり大河!『麒麟がくる』細川ガラシャの少女時代「たまは私の憧れ」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/10/17

女優、芦田愛菜(16)がNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜後8・0)に出演することが16日、同局から発表された。

大河は2011年の「江~姫たちの戦国~」で淀君の幼少期を演じて以来9年ぶり。今作では、主演の長谷川博己(43)扮する明智光秀の娘・たま役に決定。戦国時代の美女、細川ガラシャの少女時代を熱演する。

芦田は「たまは、戦国時代の女性の中で、私の憧れでした。初めて彼女のことを知ったとき、とても潔い最期に意思の強さを感じ、心惹かれたことを覚えています」と感慨深げ。

帝の後継者、誠仁親王(さねひとしんのう)役で加藤清史郎(19)も出演。人気子役としてブレークするきっかけになった09年「天地人」以来の大河凱旋となる。

また、HiHi Jetsの井上瑞稀(19)が織田信長の長男、信忠役で大河初出演。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加