映画『バイプレイヤーズ』レビュー&設定解説:大杉漣さんへの最高のラブレター

映画『バイプレイヤーズ』レビュー&設定解説:大杉漣さんへの最高のラブレター

  • cinemas PLUS
  • 更新日:2021/04/08
No image

業界内視聴率30%と言われ、シーズン3まで放映された「バイプレイヤーズ」がついに映画化。

バイプレイヤーズ=脇役というにはあまりにも豪華すぎる面々が、本当に100人そろい『バイプレイヤーズもしも100人の名わき役が映画を作ったら』が完成。

出来上がった映画は様々な日本映画と、そして何より今は亡き“バイプレイヤーズの座長”大杉漣さんへの熱すぎる思いを詰め込んだラブレターに仕上がっています。

2021年8月公開予定の『キネマの神様』の思わぬライバルが現れたなという感じです。ドラマシーズン3では映画の主題歌を担当したCreepyNutsや宮沢りえまで登場して大きな話題を呼びましたが、映画でも天海祐希、菜々緒、有村架純などなど豪華なメンバーがバイプレの仲間に加わっています。

今回は映画のあらすじ、レビューに加えてシーズン3と映画の舞台“バイプレウッド”で誰がどこで何をしているかを総まとめ。これさえ見ればあなたはもうバイプレウッドで迷うことはありません。

あらすじ

富士山麓のふもとにあるのどかな撮影所バイプレウッド。民法各局の連ドラや映画など沢山の組が撮影していて100人を超える役者たちでにぎわっています。

田口トモロヲ、松重豊、光石研、遠藤憲一の元祖バイプレの面々も有村架純主演のネット連ドラを撮影中。

楽しく撮影が始まろうとしたとき、共演している犬の風(ふう)がいないことに気が付く。バイプレウッドに棲み付いている風は行方不明になっていたのでした。心配する有村架純に元祖バイプレたちが何があったのかを語り始めます。

1カ月前、濱田岳を監督とする菜々緒、柄本時生、高杉真宙、芳根京子、そして役所広司は『月のない夜の銀河鉄道』という自主映画の撮影を進めていました。主人公は小さなチワワで、ラストには100人の役者がSLで祝杯を挙げるという壮大なストーリーの映画です。車掌役の役所広司もこのラストシーンを楽しみにしていましたが、実際のところ役者は全くそろっていませんでした。

超低予算の制作態勢と言うこともあって役者がスタッフを兼務し、現場は混乱。さらに主役のチワワが逃げ出し、撮影できるはずだったSLでの撮影も断られ、混迷の一途をたどります。そのくせ濱田は監督風を吹かせてくるので菜々緒、高杉、芳根も呆れて濱田組から降りてしまいます。

その事情を聴いた元祖バイプレたちは自分たちの撮影を手伝うことを条件にSLセットを貸してあげることにします。

一方で菜々緒は敬愛する天海祐希と出くわし、天海からバイプレウッドの外資系企業による買収騒動を聞かされます。一念発起した菜々緒はバイプレウッドの存続を求めて署名活動を始めます。

何とか撮影を再開した濱田組でしたが、同じスタジオの勝村正信や渡辺一兄など厄介なおじさんたちが大勢いてことあるごとに邪魔されストレスが膨らむばかり…。

そんな様子を見ていた元祖バイプレたちは何か秘密を隠しているようで、不審な行動を見せます。役者同士の衝突に触発されたのか犬の風が暴れ始め民放各局、さらに1チャンネルの大河ドラマ、朝ドラ現場にまで乱入、撮影はすべてストップします。さらに、思わぬ大嵐がバイプレウッドを襲い、撮影はすべてストップしてしまいます。この悲喜劇を中で映画を諦めてかけていた濱田組に元祖バイプレたちは『月のない夜の銀河鉄道』という企画がバイプレウッドの所長と深くつながっていたこと語り始めます。

前代未聞の危機を乗り越え、映画史上初のとんでもないラスト、100人だらこそ成し遂げられた未体験の感動を迎えることになります。

--{映画『バイプレイヤーズ』レビュー}--

映画『バイプレイヤーズ』レビュー

No image

映画ははっきり言って、大杉漣さんへのラブレターと言い切っていいでしょう。

元祖バイプレの一人だった大杉漣はリーダーとして「バイプレイヤーズ」のドラマシリーズを引っ張っていき、スタッフ・キャストの中心となっていました。

しかし、ドラマシーズン2の撮影中に急逝、その後、残されたメンバーが思いを受け継ぎ、演出、脚本を変更し、スマホで撮ったオフショットも使ってシーズン2を完走。ラストシーンでの残ったバイプレメンバーが大きな声で叫んだ「漣さん、ありがとう!!」の言葉には感動を呼びました。

そして、今回のシーズン3の制作と映画化。

No image

監督、スタッフ、キャストは大杉漣のいない「バイプレイヤーズ」があっていいのかという迷いもあったと言いますが、何より大杉漣が「バイプレイヤーズ」が映画になることを望んでいたこともあって今回の決着戦となりました。

映画ではドラマシリーズで描かれなかったバイプレウッドの所長の真実も素敵な描かれ方をしていて最後は思わず目頭が熱くなります。『バイプレイヤーズ もしも100人の名脇役が映画を作ったら』はバイプレイヤーと映画と映画作りに関わる全ての人、そしてこの「バイプレイヤーズ」というモノを創り上げた大杉漣さんへの最高のラブレターに仕上がっています。

また、元祖バイプレの面々は口をそろえて語るのがネクストジェネレーション=ネクストバイプレーヤーズへの世代交代。本人役を演じるというフォーマットの継承=大杉漣の魂の継承をこの映画で果たしています。

--{バイプレウッドではどこで誰が何をしてるのか?}--

バイプレウッドではどこで誰が何をしてるのか?

No image
No image

バイプレウッド各所

主にいる人:田口トモロヲ、松重豊、光石研、遠藤憲一
元祖バイプレ。シーズン3では語り部も務める。遠藤憲一は国際派を目指してフィリピンへ。ほとんどバイプレウッドに棲み付いている。シーズン1には寺島進と大杉漣を含めた6人、シーズン2では大杉漣を含めた5人。

他にいる人:天海祐希、役所広司、有村架純、でんでん、菜々緒、R-指定、DJ松永
天海は最初の撮影がバイプレウッドだったことから、バイプレウッドに思い入れが強い。オフの日にはキッチンカーに乗って食事の差し入れに来ている。バイプレウッドの買収話でんでんからを聞いて心痛めている。役所や有村は顔も広く多くの知人がいる。菜々緒はバイプレウッド買収阻止のために署名活動をして回る。

オープンセット

主にいる人:阿部亮平、宇梶剛士、甲本雅裕、菅田俊、波岡一喜、橋本じゅん、本宮泰風、利重剛
『アウトローの森』撮影待機中。内容が内容と言うことでコンプライアンスに引っ掛かり、予算調達のためにクラウドファンディングを展開中。強面俳優が揃う、監督は利重剛。権利が海外に渡り代替案として『小さいおじさん』を撮影することに。

時代劇オープンセット

主にいる人:北村一輝、岡山天音、伊武雅刀、六平直政、田中泯
大河ドラマ「宮本武蔵」撮影中。大河ドラマらしく重厚な雰囲気の現場。若き日の武蔵を岡山天音が、成長した姿を北村一輝が演じることに。プレッシャーに苦しむ岡山の姿を見て伊武雅刀が山﨑賢人への交代を言い出すことも…。

1スタ

主にいる人:芳根京子、本田望結、富田望生、吉田羊、小木茂光、升毅、池谷のぶえ
連続ドラマ小説「べじたぶる」撮影中。一度朝ドラのヒロインを経験している芳根京子を含めてヒロイン枠を巡ってアピール合戦が繰り広げられる。結果として芳根、本田、富田、吉田の4人が揃ってヒロインを務めることに。芳根は濱田岳の映画にも参加。

他にいる人:岸井ゆきの、木村多江
「べじたぶる」の前に収録されてきた朝ドラ「ちゃきちゃき家族」で母子を演じている。

2スタ

主にいる人:高畑淳子、本田博太郎
子ども参加型教育番組「しばいであそぼ」を収録。内容・コンセプトとは裏腹に子役のオーディションは超スパルタ。

4スタ

主にいる人:長谷川京子、りょう、金子大地、醍醐虎汰朗、村田雄浩、安藤玉恵、石丸謙二郎
学園ドラマ「CTO」(=COOL TEACHER ONItoTSUKA)撮影中。荒れた学園を再現し過ぎて現場も荒れてかけている。それとは別に恋の鞘当ても展開中。

5スタ

主にいる人:佐々木希、高杉真宙、尾美としのり、原田龍二、田中要次、堀内敬子、林泰文、加藤諒
サスペンスドラマ『わたしの番です』撮影中。人気の無い順に殺されると言われていて次の話の台本に名前があるかないかで戦々恐々としている。高杉は濱田岳の映画にも参加。

6スタ

主にいる人:向井理、大倉孝二、小沢仁志、津田寛治、六角精児、田中瞳
日曜劇ドラの経済ドラマ「大合併」撮影中。実力派が揃った硬派なドラマなものの、ネット上で全くバズらず、ひたすらきまじめな主演の向井理がどんどん思い悩んでしまう。

7スタ

主にいる人:濱田岳、柄本時生、志田未来、杉野遥亮、勝村正信、渡辺いっけい、近藤芳正、水間ロン、井上肇、西村まさ彦
もともとは役所広司が主演する予定だった刑事ドラマ「チーム7」を撮影の予定だったが、役所の降板に伴って若手チームとベテランチームで主導権争いが起きてしまう。濱田岳は後にバイプレウッドで低予算映画を制作することに。

他にいる人:前田敦子、野間口徹、渋川清彦、木下ほうか、松尾貴史、岡山天音
「チーム7」の後を受けて2時間ドラマから連ドラに昇格した「刑事曲者~Ditectivess Weird~」を撮影中。岡山天音は大河ドラマとの掛け持ちになってしまう。

8スタ

主にいる人:観月ありさ、滝藤賢一、ふせえり、宍戸美和公、森下能幸、宇野祥平、岡田浩暉、浜野謙太、寺島しのぶ
シーズン5まで続く人気医療ドラマ「Doctor-Z」を撮影中。コンプライアンスによって演出、役者の出番が振り回され続けることに。

10スタ

主にいる人:相島一之、速水もこみち、今野浩喜
ホラー映画『恐怖学校の怪談新聞』を撮影中。『アウトローの森』と並行しながら撮影中。

16スタ

主にいる人:宮沢りえ、稲葉友、北香那(=ジャスミン)
テレビ東京開局五十七周年記念新春ドラマスペシャル「冤罪」を撮影中。テレ東ではめったにお目にかかれない大女優宮沢りえがいることで、現場に独特の緊張感が…。

24スタ

主にいる人:MEGUMI
深夜ドラマ「下北沢アルマゲドン」を撮影中。MEGUMIはその設定を未だ理解できないままクランクアップを控えている。

俳優館

主にいる人:寺島進、前野朋哉、本田力、玉置玲央、尾上寛之
元祖バイプレの寺島は海外に権利が渡った『アウトローの森』に出演。前野、本田、玉置、尾上はジャスミンの毒舌の標的になりがち。

バイプレウッドの食堂さざなみ庵

主にいる人と犬:北香那(=ジャスミン)、風
基本的に本人が本人を演じる「バイプレイヤーズ」において例外的に完全フィクションのキャラクターのジャスミンとして登場。中国の動画配信サイトのアシスタントプロデューサーから大杉漣のマネージャーを経て食堂の店員に。バイプレウッドの俳優たちを見る中で女優を志す。
風はバイプレウッドに棲み付く犬。撮影所をうろついている、バイプレウッドの所長と深いつながりを持っている。

巡回バス

主にいる人:竹原ピストル(=運転手)
歌手、シーズン3のエンディングテーマを歌う。このキャラクターも完全フィクションの人物で運転手役として竹原ピストルが演じる。

フィリピン

主にいる人:メラニー(=モニカ)

こちらも完全フィクションのキャラクター。国際派を目指す遠藤憲一の世話をする。

??????

主にいる人:バイプレウッドの所長
完全フィクションのキャラクターで「バイプレイヤーズ」には欠かせない人物が演じている。捨て犬だった風を拾い育て、主役にした『月のない夜の銀河鉄道』を企画したことも。

(文:村松健太郎)

村松健太郎

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加