ビリー・アイリッシュ、体型批判への反論がファンの共感呼ぶ「有害で容認できないものだ」

ビリー・アイリッシュ、体型批判への反論がファンの共感呼ぶ「有害で容認できないものだ」

  • Techinsight
  • 更新日:2020/10/16
No image

米シンガーソングライターのビリー・アイリッシュ(18)がタンクトップ姿で歩くプライベート写真が流出し、ボディシェイマー(体型批判をする人)がSNSで彼女の体型を非難した。ビリーはこれに対し人気ユーチューバーの動画で反論、ボディシェイマーに反対するファンからは称賛の声があがった。

今週初め、ビリー・アイリッシュがベージュのタンクトップにショーツ姿で外出するところがロサンゼルスでパパラッチされた。ビリーは体型を隠すため、あえてオーバーサイズの洋服を着ることで知られている。

肌を露出したビリーの姿がタブロイド紙に掲載された後、SNSでは彼女の体型を批判するコメントが寄せられた。

「ビリー・アイリッシュは、10か月で30代半ばのワイン腹母さんの体型になっちゃったよ。」
「有名になったミュージシャンが、体型をダメにしてしまうのはどういうことなんだ?」

こういった誹謗中傷に対し、ビリーは人気ユーチューバー、チージ・ドゥルーさん(Chizi Duru)の動画をインスタストーリーに投稿して反論した。動画でチージさんはこう伝えている。

「普通の体型を標準にできる? リアルな体型を標準化しなくちゃね。誰もが大きなヒップを持っているわけじゃない。お腹が出るのも普通よ。胸は垂れるのよ、特に授乳後にはね。インスタグラムはリアルじゃないわ。」

他人の体型を非難するボディシェイマー達に反論するビリーの姿勢に、ファンからは多くの励ましのコメントが届いた。

「ポルノやソーシャルメディアなんかは男性に対して、ビリー・アイリッシュのような体型は肥満で普通じゃないって教育したのよ。」
「ビリーは美しいわ。彼女の体型を批判しないで。お願いだから彼女や同様の人達を批判しないで欲しい。体型批判はニュースでもゴシップでもないわ。有害で容認できないものなのよ。」
「ビリーの体型についてツイートしてる人は、『女性と付き合ったことが無いんだ』と叫んでいるように見えるよ。」

ビリーは今年3月、ワールドツアー『Where Do We Go』のオープニングコンサートを米マイアミで開催し、体型批判に対するショートビデオを披露した。ビリーが洋服を1枚ずつ脱いでいき、体型に関するメッセージを伝えた内容だ。新型コロナウイルス感染拡大のためツアーは延期されたが、動画はビリーのSNSで公開されて大きな話題を呼んだ。

ビリーは2019年にカルバン・クラインのキャンペーンモデルに起用され、CMではこのように語っていた。

「私は自分のすべてを世間に知られたくはない。だから大きくてバギーな服を着るの。誰も意見することができない。だって彼らはその下に何があるかを見たことがないんだもの。」
「誰も決して『彼女は細くて、あの子は細くない、彼女はお尻が大きくて、あの子は大きくない』なんて風には言えない。誰も彼女達のことを知らないんだから、そんなことは言えないのよ。」

現地時間14日、ビリーはInstagramに上半身アップの写真を公開、「本当に過去に戻りたい?」と一言だけ記している。

画像は『BILLIE EILISH 2020年10月12日付Instagram「say it twice」、2020年10月14日付Instagram「do you really wanna go back in time?」』『CHIZI DURU 2020年10月8日付Instagram「In case someone needed a reminder....」』『Calvin Klein 2019年5月19日付Instagram「“Sometimes I find it easier to share through music…” — #BillieEilish」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加