渋谷スクランブル交差点を完全再現 映画『サイレント・トーキョー』本予告映像解禁

渋谷スクランブル交差点を完全再現 映画『サイレント・トーキョー』本予告映像解禁

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2020/09/17
No image

『サイレント・トーキョー』 ポスタービジュアル(C)2020 Silent Tokyo Film Partners

俳優の佐藤浩市が主演、石田ゆり子、西島秀俊、中村倫也らが共演する映画『サイレント・トーキョー』(12月4日公開)の本予告映像とポスタービジュアルが17日、解禁になった。

【動画】『サイレント・トーキョー』本予告映像

本作は、ドラマ『アンフェア』シリーズの原作『推理小説』などの脚本を手がける作家・秦建日子氏の小説『And so this is Xmas』が原作。ジョン・レノンの名曲「Happy X-mas(War Is Over)」にインスパイアされており、舞台はクリスマス・イブの東京。突如勃発した連続爆破テロ事件でパニックに陥り、事件に巻き込まれていく登場人物たちの思惑が交錯するサスペンスストーリーが描かれる。

予告映像は、連続爆破テロの容疑者・朝比奈仁(佐藤)が「俺が計画を立てた」という不穏な言葉を皮切りに、東京がパニックに陥った様子となるシーンでスタート。その後、刑事の世田志乃夫(西島)、泉大輝(勝地涼)が犯人を追う様子。事件に巻き込まれた主婦・山口アイコ(石田)は「私たちは監視されている」と訴えかけ、会社員・高梨真奈美(広瀬アリス)は「私、犯人を知っています」と告白。さらに、IT起業家・須永基樹(中村)は「あんたが殺してくれよ!」と叫ぶシーンも収められている。

撮影は、昨年10月から12月にかけて行われ、エキストラは延べ1万人を動員。渋谷スクランブル交差点をほぼ原寸大で再現したセットでの撮影では、1日最大1200人のエキストラが栃木県足利市に集結した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加