「ニャブリはアマチュアだ」、勝てないバイエルンに「気持ち」の問題

「ニャブリはアマチュアだ」、勝てないバイエルンに「気持ち」の問題

  • FUSSBALL.JP
  • 更新日:2023/01/28
No image

©️IMAGO/MIS

過密日程にも関わらず先週末にはパリでファッションウィークに参加、その様子を自身のインスタグラムに投稿し物議を醸していたセルゲ・ニャブリだが、このことについて試合前に問われたバイエルンのナーゲルスマン監督は、「パフォーマンスが伴っていれば」との条件付きで容認する姿勢をみせていたものの、最終的に1.FCケルンの堅牢な守備の前に前半で1度のチャンスを作る以外、これといったものは見せられなかった。

試合後サリハミジッチSDは「あんなのはアマチュアレベルの話だ」と糾弾。「こういうことが本当に嫌なんだ。バイエルンではあってはいけないものなのだから。」つまりはサリハミジッチSDとしては、基本的には選手に与えられた休日というのは「1日休養をよって、次の試合で全力を尽くせるようにするためにある」ものであり、最終的にニャブリの今回の過ごし方は、それに応じたものとは呼べるものではなかったということ。実際に試合前にナーゲルスマン監督も同様の意見を示していたが、改めてサリハミジッチSDは「それについてはこれから話すことになる」と語っている。

ナーゲルスマン監督、ニャブリの早期交代は「報道とは無関係」

ただしニャブリの途中交代の理由については、ナーゲルスマン監督によれば「アウトサイドの選手たちのパスがワイドになったことを受けて、フレッシュさを注入する必要性を感じた」とのこと。週末との関わりは「このような大衆紙の話題に左右される人間ではない」と語っている。ちなみに同じく途中交代を余儀なくされていたレオン・ゴレツカについては、ナーゲルスマン監督によれば、空中戦で頭部を強打した際に、目眩を覚えたことから念の為にピッチから下げたと説明した。

キミヒ「アプローチ」「姿勢」「準備」を問題視

ただ今回の1.FCケルン戦においてもバイエルンは、前回のRBライプツィヒ戦と同様に痛み分けを演じることに。しかもその試合内容は強豪対決と注目された前回よりも遥かに苦戦を強いられたものであり、終了間際にそれまでパスがうまく通らなかったジョシュア・キミヒが「トライしてみようと思った」ロングシュートで、なんとか勝ち点1確保に成功したの。「特に前半については話し合わないと」とTV局とのインタビューで語ったキミヒは、「アプローチ」「姿勢」「準備」など全般的に話し合う必要があると見ており、さらにセットプレーから再び失点したことも「早期に解決しないと。ただ後半は多少なりともマシにはなっていたけどね」と語っている。

ナーゲルスマン監督「90分間つづけないと」

さらにナーゲルスマン監督は一歩突っ込み、「前半はいい出来ではなかった」と総括、だが後半に関していえばデ・リフト、ミュラー、コマンらがゴールを狙うも、相手GKシュヴェーべの好セーブに阻まれた側面もあった。「後半では非常に良いプレーをいせてはいたよ。もしも早期に点をとれればケルンは苦しかっただろう。後半に向けて明確な線引きを行い、実際にそれを実践できていた。気持ち、パスの鋭さ、ポゼッション、守備面における勇気など全て」と指揮官。前回同様2つの顔をみせたことに「とはいえ気持ちの面については改善すべき点があることを示した。90分間を通じてそれを見せられないと」と述べ、サリハミジッチSDは「そろそろギアを入れなくては。後半のように立ち上がりをみせないと。今はリーグ戦の重要な局面であることを理解すべきだ」と危機感を募らせた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加