ラグビー協会、新秩父宮は「アリーナ型」を要望

ラグビー協会、新秩父宮は「アリーナ型」を要望

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/09/14
No image

秩父宮ラグビー場

秩父宮ラグビー場がアリーナ型ラグビー場へ!? 日本ラグビー協会の森重隆会長らは14日、東京・文部科学省で行われた「ラグビーの振興に関する関係者会議」に出席し、新たに立て替える秩父宮ラグビー場を全天候対応の「アリーナ型」に整備するよう国などに要望した。

東京都が13年に神宮外苑地区の再開発を決め、秩父宮ラグビー場の移転整備も計画されている。移転場所は、現在の神宮第2球場のあたり。日本協会は、ラグビー場の歴史的背景も踏まえて「秩父宮」の名称を引き継ぎ、国際的基準をクリアした屋根付のアリーナ型ラグビー専用スタジアムに整備するよう求めた。

今後の会議で議論を重ね、予算や建物構造など具体的な内容を詰める。新型コロナウイルスが国内で流行する前の今年1月の計画では、完成時期(第1期)が26年頃を想定していたが、東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの延期などの影響で遅れる可能性が高い。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加