実写映画版「キャッツ」で傷心の巨匠、「唯一楽しかった」経験を告白

実写映画版「キャッツ」で傷心の巨匠、「唯一楽しかった」経験を告白

  • 映画.com
  • 更新日:2021/10/14
No image

原作者は映画版に落胆 (C)2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

ミュージカル音楽の巨匠アンドリュー・ロイド=ウェバーが、代表作「キャッツ」のハリウッド実写化において、唯一楽しかった経験を明かした。

ロイド=ウェバーは、米バラエティ主催のイベント「Variety Legit」に出席。実写版「キャッツ」の製作過程を振り返り、テイラー・スウィフトとの共同作業が「数少ない楽しい経験のひとつだった。唯一楽しかったことと言えるかもしれない」と語った。

スウィフトは、ミュージカルの原作にあたるT・S・エリオットの詩集「キャッツ ポッサムおじさんの猫とつき合う法」を深く掘り下げて歌詞を書き上げており、「単なる歌詞の寄せ集めではなく、エリオットの思想のエッセンスを汲み取っていた」と述懐。ロイド=ウェバー作曲、スウィフト作詞の劇中歌「BEAUTIFUL GHOSTS」は、ゴールデングローブ賞の最優秀楽曲賞や、グラミー賞の最優秀映像作品楽曲にノミネートされている。

2019年に製作された実写版「キャッツ」は、「レ・ミゼラブル」「英国王のスピーチ」のトム・フーパーが監督、スティーブン・スピルバーグが製作総指揮を務め、英国ロイヤルバレエ団プリンシパルのフランチェスカ・ヘイワードのほか、ジェームズ・コーデンジェニファー・ハドソンテイラー・スウィフトジュディ・デンチイアン・マッケランら豪華キャストが集結。

しかし、批評は散々で、最低映画の祭典ラジー賞ことゴールデン・ラズベリー賞で最多6冠を達成、興行的にも全世界興収約7300万ドル(約84億円)と期待外れの結果に終わっている。ロイド=ウェバーは、バラエティの特集取材でその“トラウマ”に対処するため、セラピー犬を購入したことも明かしていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加