阪神ドラ3・桐敷、指名あいさつ受け「実感」 即戦力の言葉に「貢献できるように」

阪神ドラ3・桐敷、指名あいさつ受け「実感」 即戦力の言葉に「貢献できるように」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/10/14
No image

吉野スカウトから矢野監督のサイン入りIDを贈られた桐敷(撮影・佐藤厚)

阪神からドラフト3位指名された桐敷拓馬投手(22)=新潟医療福祉大=が14日、新潟市内のホテルで畑山統括スカウト、吉野スカウトから指名あいさつを受けた。

指名あいさつを終え、取材に応じると「直後は実感が湧かなかったですけど、その時よりも実感が湧いてきたなという気持ちです」と目を輝かせた。

最速150キロの直球が武器の左腕。2年秋の関甲新学生リーグ戦では、平成国際大戦で延長十回参考ながらリーグタイ記録の18奪三振を記録した。今春リーグ戦は55回3分の1を投げ71三振、防御率1・79と抜群の安定感を示した。「即戦力として考えているという言葉をいただいたので、1年目からチームにしっかり貢献できるようにという思いが強まりました」と意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加