18万回分のワクチン廃棄 米大手ドラッグストアなど

18万回分のワクチン廃棄 米大手ドラッグストアなど

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/05/05
No image

動画を見る(元記事へ)

18万回分の新型コロナワクチンが廃棄されていました。

アメリカの複数のメディアは3日、3月末の時点で約18万回分のワクチンが廃棄されていたと報じました。

半数はドラッグストア最大手「CVSファーマシー」によるもので、2位のウォルグリーンと合わせると約13万回分に上るとしています。

当初、冷凍庫の誤作動でワクチンの保管ができなかったことや店舗への過剰な供給が原因とみられています。

廃棄されたワクチンの6割はファイザー製だということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加