整理収納のプロに聞かれて聞かれてハッとした、3つの質問。主婦業9割減へのポイント。

整理収納のプロに聞かれて聞かれてハッとした、3つの質問。主婦業9割減へのポイント。

  • withonline
  • 更新日:2021/09/15

こんにちは。『主婦業9割削減宣言』唐仁原けいこです。子育てが始まると、服が増えて、おもちゃが増えて、さらに大きくなってくると学用品も加わって、どんどん物が溢れていきますよね。 その都度、捨てたり譲ったりしていけたら良いのですが、下の子へのおさがりも残しておきたいし、おもちゃを捨てたら子どもは怒るし、ちょっと油断をしただけで散らかるので、片付けをする気も削がれがち。私はずっと、棚やクローゼットの中まで綺麗に収納されたおうちに憧れてきたし、そうすれば日々のイライラも軽減されて優しいママになれる気がするのですが、何度整理をしてもリバウンドしてしまいます。8年間、そんなことを繰り返していたある日、「私には整理収納の才能はないんだ!」という結論に達しました。整理収納の才能を持ち合わせていないんだから、自分で頑張るのをやめて、一度プロに頼んでみようかな。それに、主婦業9割削減のヒントももらえるような気がして、昨年、物が溢れがちな子ども部屋とパントリーにプロの整理整頓アドバイスを求めてみました。

散らかった部屋を他人に見られる心理ハードルについて

整理収納を得意とする方は家事代行のマッチングサービスに登録しているケースも多いと聞いたので、今回は「整理収納の家事代行サービス」をお願いしました。まず、家事代行サービスをお願いする際、「散らかった状態を他人に見せるのが恥ずかしい」という心理的なハードルがある方は多いと思うのですが、整理収納となると、さらに普段は他人に見せない扉の奥を見せるということになります。だからといって、日常の掃除だけ頼んでいても、それが維持されるのはせいぜい数日。整理収納を得意としない私が苦手なところを隠し続けていては、問題は一向に解決しません。そしていざ、実際に全てを隠すことなくお見せして整理収納をお願いしてみると、相手はプロなので驚かれることもなく、医師のように淡々と対処してくださいました。その様子を見て、むしろ他の荒れている部分もどんどん見て欲しくなったぐらい(笑)!「整理収納を人にお願いするなんて恥ずかしい」という気持ちは、私もよく分かるのですが、それならば散らかっているのは子どものせいにできる、子ども部屋からお願いしてみるのが良いかもしれませんね。

我が家の無駄に切り込んだプロの指摘は的確でした

これまで試行錯誤を重ねてきて、それでも片付いていなかった我が家。第三者のプロの目線が入ると、あっという間に無駄や問題点が洗い出されました。まずは、今回のターゲットのパントリーと子ども部屋の棚の中にある物を一度すべて外に出す作業から始まりました。そして、分別して、使いやすいように収納し直していきます。その際に、整理整頓のプロの方が所有者に質問をしてくれるのですが、その何気ない質問の数々に私はハッとして、これまでの沢山の無駄に気づくことができました。質問1「これはここにあるのがベストですか?」パントリーには、「ストック品だから」という理由で、深く考えずに空いているところに買ってきた物を仕舞いがちでした。でも、なんだかんだパントリーからも日常的に出し入れしているんですよね。そこで、使う頻度が低い物に関しては、パントリーではなく、あえてキッチンの一番下の引き出しに移動させました。なぜならその引き出しが、パントリー以上に出し入れが少し面倒に感じる場所だからです。

No image

【ビフォアー】収納ケースに入りきらない食品が溢れている状態。

No image

【アフター】プロが見直した後、スッキリしました。養生テープに大きく書かれたラベルが見やすいので、そのまま使っています。

質問2「これはまだ使いますか?」なんとなく捨てられなかった物を、第三者に聞かれたことで捨てる決断ができました。「使います!」と答えられない物、「なんで取っておいたんだろう?」と自分でも疑問に思う物などが沢山ありました。それでも、自分ひとりだったらなかなか決断できないことってありますよね。 質問3「この収納のサイズ感で使いにくさを感じていることはありませんか?」私が適当に選んでいた収納ケースは小さすぎて、それが収納をしにくくしているかもしれないと指摘されました。そこで他の場所で使っていた、もう少し大きめのドサッと食品やおもちゃを入れられるサイズの収納ケースに変更することで、使い勝手が良くなりました。

たった3時間! お金はかかっても、その後の片付けが大きく変化

No image

プロのアドバイス通り、棚(3段のカラーボックス)を購入したことで使い勝手が良くなりました!

今回の整理収納の家事代行サービスは、3時間で、パントリーと子ども部屋をお願いしました。料金は8000円弱。3時間なんて、例えばおもちゃの断捨離にひとりで取り掛かったら、あっという間に過ぎてしまう時間です。でも、プロの手を借りれば、子ども部屋だけでなくパントリーまで、その後の使い勝手が格段に上がりました。子ども部屋に関しては、物が溢れすぎて、私が手をつけるのはもう嫌になっていたんです。でも、オススメしてもらった棚を買い足したことで、随分と片付けやすくなりました。そして、その場に立ち会わなかった子どもたち自身が片付けやすいようにざっくりと分別してくれたので、今でも片付ける時に迷うことが少なくて助かっています。 今では、片付けのしやすさ、収納棚の使い勝手で、日々のストレスはだいぶ軽減されるのだと実感しています。収納が苦手な人が何時間試行錯誤しても、時間と体力と気力を消耗するだけ……。さらに私はサイズの合わない収納グッズを買い足しては、お金まで無駄にしてしまっていました。そう思うと初めから、例えば子ども部屋なら子どもが幼いうちにプロに相談していれば、ここ数年の家の片付き具合が違ったのかもしれません。もちろん収納グッズにあれこれと無駄遣いしなくて済んだとなれば、今回お支払いした8000円ぐらい十分に元が取れたと思います。初めての機会は誰でも家事代行を頼むことはハードルが高いと思いますが、特に物が溢れて手をつけるのが嫌になりがちな場所だけでも一度、プロにお願いしてみたら沢山の気づきがあるのではないでしょうか。

主婦業9割削減宣言 (単行本) | 唐仁原 けいこ |本 | 通販 | Amazon

No image

主婦業9割削減を目指すブログ

No image

主婦業9割削減を目指して試行錯誤したアイディア発信。3児ママ・パラレルワーカー

withonline

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加