虎党の皆さん、安心を 負傷降板の阪神・アルカンタラが軽症を強調「問題はないと思う」

虎党の皆さん、安心を 負傷降板の阪神・アルカンタラが軽症を強調「問題はないと思う」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/06/11

◇交流戦 阪神4ー1日本ハム(2021年6月10日 札幌D)

No image

<日・神(3> 7回無死、近藤の打球を左足に受けて倒れ込む阪神・アルカンタラ(撮影・大森 寛明)

7回に近藤の打球を左足首に受け、78球で負傷交代した阪神・アルカンタラだが、試合後に「足の横の筋肉に当たっただけなので、問題はないと思う」と軽症であることを自ら強調した。ここまでの3試合すべてに中盤に失点していたものの、この日は6回まで無失点投球。味方の攻守の援護もあり、2勝目に痛みも忘れ、笑顔だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加