“壬生の狼”新選組と1匹の黒猫の物語、「鈍色の箱の中で」篠原知宏による新連載

“壬生の狼”新選組と1匹の黒猫の物語、「鈍色の箱の中で」篠原知宏による新連載

  • コミックナタリー
  • 更新日:2021/04/07

篠原知宏の新連載「壬生の狼、猫を飼う~新選組と京ことば猫~」が、本日4月7日にガンガンONLINEのアプリ版でスタートした。

No image

「壬生の狼、猫を飼う~新選組と京ことば猫~」ビジュアル

物語の舞台は幕末。激動の時代において、京都の治安維持を任された剣客集団・新選組は、巷で“壬生の狼”と恐れられていた。彼らの中でも屈指の剣の使い手であった三番隊組長・斉藤一のもとに、ある日1匹の黒猫が現れる。親を失い、孤独に生きるその黒猫は、斉藤に父の面影を感じ、後をつけて回るが……。ドラマ化もされた「鈍色の箱の中で」の篠原が描く新たな新選組絵巻だ。

(c)Tomohiro Shinohara/SQUARE ENIX

コミックナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加