小池都知事「サスティナブルリカバリーの象徴」2種目五輪決めた池江を賞賛

小池都知事「サスティナブルリカバリーの象徴」2種目五輪決めた池江を賞賛

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/04/08
No image

「まん延防止等重点措置」要請などに関して取材陣に対応する小池都知事。右は国立国際医療研究センターの大曲国際感染症センター長(撮影・鎌田直秀)

<競泳:日本選手権兼東京オリンピック(五輪)代表選考会>◇8日◇東京アクアティクスセンター◇女子100メートル自由形決勝

東京都の小池百合子知事(68)は8日、競泳の日本選手権(東京アクアティクスセンター)女子100メートル自由形決勝で優勝し、2つ目の五輪出場権を獲得した池江璃花子(20=ルネサンス)の活躍に賛辞を送った。

女子100メートルバタフライを制して得た400メートルメドレーリレー切符に続き、400メートルリレーも内定したヒロインに「素晴らしい泳ぎはスポーツの醍醐味(だいごみ)。復活ぶりは皆さんに勇気を与えている。試練を乗り越えて、これで2冠目。まさに、サスティナブルリカバリーの象徴。本当に応援したい気持ちでいっぱい。体に気を付けて練習してほしい」と本番での活躍も願った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加