IZ*ONE、日本1stアルバム『Twelve』リード曲「Beware」初パフォーマンス

IZ*ONE、日本1stアルバム『Twelve』リード曲「Beware」初パフォーマンス

  • RBB TODAY
  • 更新日:2020/10/18
No image

(C)OFF THE RECORD

もっと画像を見る

16日から25日までオンラインで開催中の「KCON:TACT season 2」に17日、IZ*ONEが出演。日本1stアルバム『Twelve』よりリード曲「Beware」を初披露した。

IZ*ONEは、コンサートパートに入って1曲目に同楽曲を初パフォーマンス。ステージはAR技術を駆使して行われ、ペンやPCのキーボードがのった、架空の部屋のデスク上で、IZ*ONEがミニチュアになってパフォーマンスしているかのようなポップな世界観が表現された。

同楽曲の振り付けは、誰でも真似しやすい “ガオガオダンス”がポイントだが、ミュージックビデオでは見ることができなかったフォーメーションダンスなども披露。MCでは「こうやって皆さんとお会いすることができてとても嬉しいです」と喜びを語り、1曲目に「Beware」を披露したのは1番見たい舞台としてWIZ*ONE(IZ*ONEのファンの呼称)のリクエストが多かったためだと報告。最後はエンディングユニットで選ばれたイェナ、チェウォン、ユリの笑顔で締めくくった。

KT

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加