ホンダが「GB350/GB350 S」の仕様の一部を変更 新しいカラーリングを採用

ホンダが「GB350/GB350 S」の仕様の一部を変更 新しいカラーリングを採用

  • webCG
  • 更新日:2023/05/26
No image

この記事の画像を見る

本田技研工業は2023年5月26日、350ccクラスのロードスポーツモデル「ホンダGB350/GB350 S」の仕様の一部を変更し、同年7月6日に発売すると発表した。

今回の仕様変更では、両モデルともにカラーリングの設定を変更。GB350には「マットパールグレアホワイト」を新たに設定し、既存の「マットパールモリオンブラック」「マットジーンズブルーメタリック」と合わせて全3色の設定とした。またリアサスペンションのスプリングをブラックに変更する事で、より引き締まった足まわりを演出したという。

一方GB350 Sでは、「プコブルー」を新たに設定し、こちらも既存の「パールディープマッドグレー」「ガンメタルブラックメタリック」と合わせ全3色の設定とした。またハンドルパイプをマットシルバー塗装としたほか、サイドカバーエンブレムをシンプルなデザインに変更している。

価格はGB350が56万1000円。GB350 Sが60万5000円。

(webCG)

◆関連ニュース:新エンジン搭載のネオクラシックバイク「ホンダGB350/GB350 S」登場

この記事の画像を見る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加