吉岡里帆&伊藤沙莉 山路ふみ子映画賞で女優賞を受賞 一緒にワークショップで切磋琢磨 吉岡「泣きそうになりました」

吉岡里帆&伊藤沙莉 山路ふみ子映画賞で女優賞を受賞 一緒にワークショップで切磋琢磨 吉岡「泣きそうになりました」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/11/25
No image

「第45回山路ふみ子映画賞」の贈呈式に出席した吉岡里帆

女優、吉岡里帆(29)と伊藤沙莉(28)が日本映画の振興に貢献した映画人に贈られる「第45回山路ふみ子映画賞」で女優賞に輝き25日、東京都内で行われた贈呈式に出席した。

映画「ハケンアニメ!」「島守の塔」の演技が評価された吉岡は「女優賞とかをいただくことが身に余るという思いが強い」と感無量。「昔、監督さんに『後ろの美術より色がないから目立ってくれ』とか、よくスタッフさんに近くにいるのに大きな声で『吉岡さん』と呼ばれて気付かれなかったり…」と振り返りつつ、「このような賞をいただけることを本当に感謝しております」と笑顔を弾けさせた。

同賞を共に受賞した伊藤とは映画「幕が上がる」(2015年)などで共演。「一緒にワークショップも受けて同じホテルで寝泊まりしたり懐かしいなと感じ、思い出して泣きそうになりました」と感慨深げだった。

伊藤は映画「ボクたちはみんな大人になれなかった」「ちょっと思い出しただけ」での好演が認められ、「私の中で確実に代表作と呼べる2作品。心から大切な作品です。これからも自分がやることを追及して可能性を疑わず信じて新しいことを精いっぱい頑張ります」と決意も新た。続けて「20歳の時に映画で共演した吉岡里帆ちゃんと一緒に受賞できてうれしい」と喜んでいた。

また、映画功労賞に香川京子(90)、新人女優賞に嵐莉菜(18)が選ばれた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加