上田桃子 また最終日に大失速「集中力が欠けていた」1番から5連続バーディーも暗転

上田桃子 また最終日に大失速「集中力が欠けていた」1番から5連続バーディーも暗転

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2023/03/20
No image

8番、第2打のボールの行方を追う上田桃子

「女子ゴルフ・Tポイント×ENEOS・最終日」(19日、鹿児島高牧CC=パー72)

首位から出た上田桃子は後半崩れ、5バーディー、3ボギー、2ダブルボギーの74で、小祝さくららと並んで通算11アンダーの3位に終わった。

この大失速を誰が予想できただろうか。上田が1番から5連続バーディー。「すごくピタピタきていた」と3~5番からは50センチ、20センチ、30センチにつけて圧倒し、4番終了時で2位に8打差。5番で18アンダーまで伸ばした。

11番パー4は1打目から3連続でバンカーに入れダブルボギー。13番パー5はグリーン右バンカーからの第4打が1度で出ずに再びダボ。一気に2打差2位に転落すると、盛り返す力はなかった。

昨季終盤、2週続けて首位で迎えた最終日に逆転負け。日曜のラスト9ホールをどう乗り越えるかをテーマにオフも過ごしてきた。「自分でも分からない。フィーリングが悪くなったというより集中力が欠けていた」。課題は残ったままだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加