【兵庫2児放火殺害】逮捕された同居の伯父は「コロナ失業」で自暴自棄に?卑劣すぎる犯行

【兵庫2児放火殺害】逮捕された同居の伯父は「コロナ失業」で自暴自棄に?卑劣すぎる犯行

  • AERA dot.
  • 更新日:2021/11/25
No image

放火され、焼け落ちた松尾さんの家(筆者提供)

兵庫県稲美町の民家が放火され全焼し、焼け跡から2人の子供の遺体が発見された事件が大きく動いた。兵庫県警は24日、民家に同居していた松尾留与容疑者(54)を現住建造物等放火と殺人の疑いで逮捕した。

【写真】伯父の放火で亡くなった悲劇の兄弟

事件は19日深夜の午後11時35分ごろ、住んでいた自宅に火を放ち、同居していた小学生の兄弟・松尾侑城くん(12)と真輝くん(7)を殺害した容疑だ。

松尾さん一家は、侑城くんと真輝くん、50代の父、40代の母、そして松尾容疑者の5人暮らし。松尾容疑者は母の兄で、亡くなった兄弟にとって伯父にあたる。1、2年前に実家に舞い戻ってきたという。

「情報があり、24日午後1時ごろ、大阪市北区の扇町公園に捜査員を派遣。ベンチに座っている留与容疑者と似た人物がいたので声をかけたところ、本人だと認めた。車に乗せ、捜査本部がある加古川署へ任意同行。放火と殺人について認めたので、逮捕となった。取り調べにも素直に応じている」(捜査関係者)

所持金は数千円しかなく、逃走したり抵抗したりすることもなかったという。甥たちを殺害した松尾容疑者はどんな人物なのか。

「兄の留与容疑者もここが実家ですね。実家は両親が亡くなった後、妹一家が住んでいたが、留与容疑者は『長男なので家を相続した』と語っていた。地元の中学校を卒業して、神戸の方の会社に就職した。そして、大阪市の会社に転職したと聞いた。卒業後も、お正月とかには帰ってきたみたいです。道で会ったら『久しぶりやね』とか挨拶したことがあった。ですが、半年ほど前か、たまたま留与容疑者を見かけてどうしたのかと聞くと、『いろいろあってね』というばかり。断片的な会話からわかったのはコロナが影響して、仕事がなくなってしまい実家に帰ってきたそうです」(前出・近所の人)

松尾さん夫妻は近所の人に、「(兄は)コロナでどうしようもなくなり、戻ってきた」と話していたという。

放火された日、兄弟の父親は、深夜まで続く母親のスーパーマーケットの仕事が終わる時間に車で迎えに行った。そのすきを狙った留与容疑者の卑劣な犯行だった。

「入手先などはわからないが、油をまいて火を放ったことも認めている。恨みがあるなど、犯行動機はまだ供述していないが、どうも自暴自棄になっていた感じのことを口にしている」(捜査関係者)

亡くなった2人の兄弟は、松尾さん夫妻にとっては自慢だった。

<息子の成長と家族の日記>というタイトルでSNSに侑城くんと真輝くんの日々の様子の写真を掲載している。2人が好きな野球をしている様子や、キャンプなどアウトドアが趣味で、笑顔いっぱいの2人が写っている。事件の約1カ月前が、侑城くん12歳の誕生日だった模様で、ケーキとプレゼントを前に2人が嬉しそうな表情を見せている。

まさか、これが侑城くんの最後の誕生日になるとは、想像できなかったであろう。2人の小学校の友達は話す

「侑城くんと真輝くんは左打ちで、ようお父さんに野球を指導してもらっていた。『2人とも中学では野球部に入るねん』『左やから1番打ちたいな。阪神の近本みたいに』と侑城くんは言っていた。2人とも阪神が好きで、いつも帽子をかぶっていた。外に遊びに行くときは、いつもグローブを持っていくほど野球が好きやった」

SNSを見ても、侑城くんが阪神タイガースの帽子をかぶっている写真が数多くアップされている。留与容疑者が逮捕された日の夕方、近所の人によれば放火現場近くに松尾さん夫妻が来ていたという。

「旦那さんは子煩悩、奥さんは愛想のいい人ですよ。花を手にして沈痛な表情で声もかけれんかった。松尾さんのところは大きな田んぼを持っていて、春になると、2人の子供も手伝って田植えされていました。アットホームなご家庭でしたよ」

SNSに母親は、<心を和らげ笑顔でいれば 幸も福もたくさん たくさん>という詩をシェア投稿していた。子供たちにも、そう教えていたのだろう。2019年7月に父親が書き込んだSNSは以下の通り。

<末っ子真輝5歳の誕生日おめでとう。幼稚園にも慣れ園長先生や担任のお気に入り皆にも好かれる優しい子供に成長しています。今は侑城と熱烈な阪神タイガースのファンです>

前出の捜査関係者はこう話す。

「放火した時間帯は、両親が家を不在していた30分ほどのタイミング。そこに可燃性がある油をまいて、放火している。留与容疑者からみれば亡くなった兄弟はかわいい甥っ子。なぜ、計画性、恨みがうかがえる犯行となったのか、今後、解明しなければならない」

(AERAdot.編集部 今西憲之)

今西憲之

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加