東海から関東 14日朝にかけ雨のピーク 警報級の大雨

東海から関東 14日朝にかけ雨のピーク 警報級の大雨

  • FNNプライムオンライン
  • 更新日:2022/05/14
No image

14日朝にかけて、東海から関東の太平洋側を中心に警報級の大雨が降るおそれがあり、気象庁が警戒を呼びかけている。

アスファルトに打ちつける、大粒の雨。

13日午後8時ごろの静岡県にあるJR伊東駅前の様子。

伊豆市天城山では、24時間の雨の量が200mmを超え、伊豆地方で土砂災害警戒情報が発表されている。

神奈川県東部でも、午後8時半すぎ、土砂災害警戒情報が発表されるなど、前線の影響で関東から九州の太平洋側で大雨が降り、気象庁は警戒を呼びかけている。

13日正午すぎの南房総市では、雨が強まってきた。

関東地方は現在、南部を中心に雨が降り続いていて、24時間の雨の量は、神奈川・三浦市で85.5mm、千葉・館山市で80mmなど、まとまった雨になっている。

横浜市中区の傾斜地にある住宅街では、5月1日に土砂崩れがあったが、13日からの24時間で53.5mmの雨が降り、現在、住民が避難している。

近隣住民「怖いなと。また大雨になると心配」、「1人暮らしなので不安」

東海から関東は、14日朝にかけてが雨のピークで、1時間に30mmぐらいの激しい雨が降るおそれがある。

大雨による川の増水や氾濫とともに、土砂災害や低い土地への浸水などにも十分な警戒が必要。

また、雨が上がったあとの急な気温の上昇にも、十分気をつける必要がある。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加