門脇麦×宮沢氷魚!齊藤工が終末世界を描く『ATEOTD』劇場公開

門脇麦×宮沢氷魚!齊藤工が終末世界を描く『ATEOTD』劇場公開

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2020/09/15
No image

門脇麦×宮沢氷が共演!終末世界を生きる男女に - (C) 『ATEOTD』製作委員会

齊藤工(俳優名義は斎藤工)が企画・脚本・監督を務めた短編映画『ATEOTD(アテオット)』が、イオンシネマほかにて9月25日より全国公開することが決定した。あわせて出演者である門脇麦宮沢氷魚の姿を捉えた場面カットも公開された。

本作のもととなったのは、シンガーソングライター・安藤裕子の新アルバム「Barometz」の収録曲「一日の終わりに」のミュージックビデオとして齊藤が監督した7分28秒のショートフィルム作品。今回、新たに25分の作品として制作されたものが劇場公開されることになる。劇中のすべてのイラストを安藤が手掛けている。

「ATEOTD」とは「一日の終わりに=At the end of the day」の頭文字を繋げた略語で、物語では100年に一度の疫病が蔓延する終末世界を舞台に、家族も失って自身も病に蝕まれる運命を背負いながらも生きぬく男女の儚い夢と希望が描かれる。齊藤はコロナ禍のなかで、リモート映画制作プロジェクト「TOKYO TELEWORK FILM」(TTF)の発足や映画館支援「Mini Theater Park」を通じての活動を続けてきたが、今作でも現在の状況と向き合うテーマを盛り込んだ内容が提示されている。

なお本作は、映画『MANRIKI』などの清水康彦監督によるリモート作品でTTFの第6弾にあたる『でぃすたんす』と、本作『ATEOTD(アテオット)』のメイキング映像との併映となる。(編集部・大内啓輔)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加