日銀 大規模金融緩和の継続決定 円相場一時145円台に

日銀 大規模金融緩和の継続決定 円相場一時145円台に

  • FNNプライムオンライン
  • 更新日:2022/09/23
No image

日銀は、金融政策決定会合でいまの大規模な金融緩和を続けることを決めた。

これを受け、円相場は一時1ドル=145円台まで値下がりした。

日銀が、22日正午前に金利を低く抑える金融緩和を続けることを発表すると、その直後から、東京外国為替市場の円相場では、円を売ってドルを買う動きが加速し、一時1ドル=145円台まで下落した。

会合に先立ち、アメリカの中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)が大幅な利上げを決めたことから、日米の政策の違いが一段と際立つ結果となった。

日銀の黒田総裁は、「現在は、経済を支えて賃金の上昇をともなう形で物価安定の目標を持続的安定的に実現することが必要」としたうえで、「金融緩和を続けることに全く変わりありませんので、当面金利を引き上げるということはない」と述べた。

さらに、急速な円安の要因が日米の金利差だとする見方について、「金利を引き上げて長期金利がアメリカより高くなっている国も含めて、対ドルで為替が下落している」とし、「日米の金利差だけで説明したり運用したりするのはいかがかというふうに思う」と述べた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加