ラツィオ、ユベントス元監督サッリの招へい発表!CL出場権獲得時のボーナスも

ラツィオ、ユベントス元監督サッリの招へい発表!CL出場権獲得時のボーナスも

  • Football Tribe Japan
  • 更新日:2021/06/10
No image

マウリツィオ・サッリ 写真提供: Gettyimages

ラツィオは9日、シモーネ・インザーギ氏の後任として元ユベントス指揮官のマウリツィオ・サッリを招へいしたと公式発表している。

サッリ氏はチェルシーでUEFAヨーロッパリーグのタイトルを手に入れると2019年夏にユベントスの指揮官に就任。昨季にセリエA優勝を果たしたものの、UEFAチャンピオンズリーグはベスト16で敗退したことにより、わずか1シーズンで解任されていた。また、ユベントスとの契約期間は来年6月までとなっているが、ユベントスは今月に250万ユーロ(約3億3000万円)を支払って契約を解消する方針を固めている。

一方、ラツィオはシモーネ・インザーギ体制のもとでセリエA上位争いを演じていた。また2018/19シーズンにはコッパ・イタリア優勝を成し遂げると、昨季はスーペルコッパ・イタリアーナでユベントスを下してタイトルを獲得。今季もリーグ戦6位で終えており、来季UEFAヨーロッパリーグ予選2回戦の出場権を確保。シーズン終了後にはインザーギ監督と契約更新を行うものとみられたが、同監督がインテルからのオファーを受け入れたことにより、今季限りでクラブを去っていた。

ラツィオは先月末からサッリ氏と交渉を行った末、2年契約によりサインを交わしている。また、年俸は300万ユーロ(約4億円)であるほか、来季UEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した場合には100万ユーロ(約1億3000万円)のボーナスを受け取るという条項も盛り込まれているようだ。

ナポリ、チェルシー、そしてユベントスで実績を積み重ね、セリエAでの監督業を再開したサッリ氏の采配に注目が集まる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加