【岩本輝雄】フロンターレの新アンカーの出来は? ガンバの助っ人トリオはハマれば...

【岩本輝雄】フロンターレの新アンカーの出来は? ガンバの助っ人トリオはハマれば...

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/02/22
No image

ガンバに今季加入のチアゴ・アウベスは、自慢の左足で攻撃に効果的なアクセントをもたらす存在に。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

No image

フロンターレのパスサッカーと相性が良いシミッチ。開幕後はさらに活躍しそうだ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

2021シーズンの開幕を前に、富士ゼロックススーパーカップでフロンターレとガンバが対戦。試合は、フロンターレが前半に2点を先行する展開も、ガンバが後半に粘りを見せて同点に追いついてみせる。

試合はそのままPK戦に突入かと思われた終了間際に、フロンターレは途中出場の小林の一発で3点目をゲット。ここぞという勝負強さを発揮した昨季リーグ王者が、まずは今季“一冠目”を手にした。

序盤はガンバが少し押し込む時間帯があったけど、徐々に盛り返していったフロンターレが、最後はしっかりと勝ち切ってみせる。今年も間違いなく強いよ。

先制点、追加点と2ゴールを挙げた三笘は、期待通りのパフォーマンスを見せつけたんじゃないかな。特に、左サイドで田中からパスをもらって、そのまま右足で叩き込んだ1点目は、冷静だったし、シュートも上手かった。

もう、そこにいるだけで存在感がある。サイドに張っているだけだとしても、常に何かをやってくれそうなオーラを放っている。相手からしてみれば、脅威だったと思う。同サイドで対峙するガンバの小野瀬も、かなり警戒していたはず。裏を取られたら、即ピンチにつながるから一瞬でも気を抜けない。

力強いドリブルは相変わらずで、状況によってはパスを選択。ボールを受けて、そのままターンするのか、ダイレクトではたくのか。その判断が的確。相手がよく見えている証拠だよね。 アンカーに入った新戦力シミッチのパフォーマンスも印象的だった。持ち前のパス捌きを随所に見せて、良いリズムを生み出していく。キープ力もあるから、チーム全体を落ち着かせることができる。

シミッチに対するガンバのプレッシングが多少、甘かったように見えて、自由にプレーできた部分はあったかもしれない。ただ、それを差し引いても、求められる働きを十二分に披露していた。フロンターレのパスサッカーに早くもフィットしている感があって、開幕後はさらに活躍しそうだね。

一方のガンバは、繰り返しになるけど、守備の部分でもう少しアグレッシブさが欲しかった。シミッチにももっとタイトに行くことができていれば、ペースを掴む時間帯は増えたはず。チーム全体のディフェンス面で今後、さらに躍動感が出てくれば、そう簡単には失点しないと思う。

【ゼロックススーパーカップPHOTO】川崎 3-2G大阪|G大阪の猛攻に遭い2点差を追いつかれるも…小林の劇的勝ち越しゴールで川崎が勝利!攻撃陣に目を移せば、主砲パトリックに、この日は途中出場だったレアンドロ・ペレイラ、チアゴ・アウベスを加えた助っ人トリオは楽しみだよね。

レアンドロとチアゴは今季加入組で、まだ本領を発揮し切れていなかったかもしれないけど、ハマってきたら、このトリオはかなり強烈だし、J1でもトップクラスの破壊力を示す可能性は大いにある。3人が揃ってピッチに立った時、シンプルなロングボールで相手ゴールに迫った場面の迫力は相当なものだった。

ガンバからすれば悔しい結果に終わってしまったけど、昨季は圧倒的な強さでリーグを制したチャンピオンと、互角に渡り合える力があることは証明できた。今度はリーグでの再戦が楽しみだね。

【PHOTO】川崎/小林悠|途中出場で劇的決勝ゴールを叩き込む!エース・小林の厳選ショット!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加