マドンナ自ら監督の伝記映画、製作棚上げ 大規模ツアーに専念

マドンナ自ら監督の伝記映画、製作棚上げ 大規模ツアーに専念

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2023/01/25
No image

まずはツアーに専念 - マドンナ - Anthony Harvey / Getty Images

“ポップスの女王”マドンナ(64)が自ら監督を務める予定だった、伝記映画の製作が棚上げとなった。Varietyが独占で報じた。

米ユニバーサル・ピクチャーズが進めていた伝記映画は、ドラマ「オザークへようこそ」のジュリア・ガーナーを主演に迎え、マドンナの成功劇を描く予定だった。マドンナは先日、デビュー40周年を記念する大規模なセレブレーション・ツアーの開催を発表したばかり。同サイトの情報筋によると、本人はツアーに専念しており、伝記映画は「将来的に実現させたい」と意欲を示しているという。

マドンナは監督だけでなく、『クロエ』のエリン・クレシダ・ウィルソンと共同で脚本も執筆もしていた。彼女は過去に『ワンダーラスト』(2008)、『ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋』(2011)で監督経験があり、本作で長編3作目になるはずだった。(編集部・倉本拓弥)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加