発症は60代が多くまれな病気 松方弘樹さんも闘病/脳リンパ腫メモ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/04/07

04年アテネ五輪(オリンピック)陸上男子ハンマー投げ金メダリスト、スポーツ庁の室伏広治長官(46)が難病の悪性脳リンパ腫と闘っている、と7日のデイリー新潮が報じた件に関して、室伏長官が同日、都内で取材に応じ、事実関係は否定しなかった。脳リンパ腫とはどんな病気なのか。

◆脳リンパ腫 脳などの中枢神経に発生したものと、リンパ腫が中枢神経に転移したものがあり、前者の場合は中枢神経系原発悪性リンパ腫で、悪性リンパ腫の中でも発症率が低く、まれな病気とされる。発症は60代が多く、増加傾向にあるという。脳にあるため、リンパ腫を切り取る手術はほとんど行われず、治療は抗がん剤投与や放射線療法が一般的。症状は手足のまひや感覚障害、嘔吐(おうと)などがあり、進行が早いといわれる。17年に亡くなった俳優松方弘樹さん(享年74)が脳リンパ腫と診断され、闘病していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加