世界選抜の松山英樹&Aスコット組は初日に大敗...「状態? 何とも言えないです」

世界選抜の松山英樹&Aスコット組は初日に大敗...「状態? 何とも言えないです」

  • 東スポWEB
  • 更新日:2022/09/23

男子ゴルフの世界選抜(欧州を除く)と米国選抜の団体対抗戦「プレジデンツカップ」初日(22日=日本時間23日、ノースカロライナ州シャーロット、クウェイルホローC=パー71)、1つのボールを交互に打つフォアサムで世界選抜の松山英樹(30=LEXUS)はアダム・スコット(42=オーストラリア)とのコンビで米国選抜のパトリック・カントレーとザンダー・シャウフェレ組に5&6で大敗した。

この日はスコットのティーショットが安定せず、11番パー4で池に入れるなど、荒れ気味。松山も必死でリカバリーしたが、13番パー4でリードを許して敗れた。3差で迎えた9番パー4ではバーディーを奪うも相手組もスコアを伸ばすなど、反撃のチャンスを逃した。松山は「3番(パー4)でショートパットを外し、そういうところでアダムにストレスをためてしまったのではないかと。悔しいラウンドでした。相手が安定したプレーでした」とし、自身の状態については「何とも言えないです。頑張ります」と語った。

この日は米国選抜が4勝1敗とした。2日目はホールごとに良いスコアを採用するフォアボールで行われる。

東スポWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加