ホンダ ゴールドウイング ツアー、新色シルバー2トーンとブラックを採用

ホンダ ゴールドウイング ツアー、新色シルバー2トーンとブラックを採用

  • レスポンス
  • 更新日:2022/11/28
No image

ホンダ ゴールドウイング ツアー(ベータシルバーメタリック)

もっと画像を見る

ホンダは、大型プレミアムツアラー『ゴールドウイング ツアー』のカラーバリエーションを変更し、2023年2月16日より発売する。

伝説のアメリカンライダー「ニッキー・ヘイデン」、幻のレプリカヘルメット アライ

ゴールドウイングは、モーターサイクル唯一の水平対向6気筒1800ccエンジンを搭載した大型ツアラー。2018年1月、17年ぶりの全面刷新を図り、軽量コンパクトな車体に新設計エンジン、二輪車用ダブルウィッシュボーンフロントサスペンションなど、数々の先進装備を搭載した。

今回、最新の平成32年(令和2年)排出ガス規制に適合させた。また、カラーバリエーションを変更。シルバーをベースにグレーを随所に施した高級感あふれる「ベータシルバーメタリック(ツートーン)」と、ブラックをベースにブラウンのヘッドカバーを採用した重厚感ある「グラファイトブラック」を新たに採用。継続色の「パールグレアホワイト」とあわせ全3色の設定とした。

価格は346万5000円。

【スズキ アドレス125 新型】“通勤快速”がグローバルモデルに成長して帰ってきた

スーパーカブのスウェットシャツ登場、ベーシック&レトロデザイン

ケブラー素材で保護、ライダー向けデニムパンツ

纐纈敏也@DAYS

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加