NECなど、平城宮跡歴史公園でローカル5GやMRを活用した観光体験の実証実験

NECなど、平城宮跡歴史公園でローカル5GやMRを活用した観光体験の実証実験

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/02/22
No image

日本電気(NEC)、凸版印刷、マクニカ、コトバデザインの4社は2月22日、ローカル5GやMR(複合現実)を活用した新たな観光体験の実現に向けた実証実験を、奈良県の平城宮跡歴史公園にて実施することを発表した。実証期間は2月26日〜3月1日。

ドコモとコクヨ、5G活用のオフィスソリューションの共同実証実験を開始

この実証は、ローカル5Gを活用し、MRによる新たな歴史文化体験と、AI自然会話(以下、AIコンダクター)による新たな園内移動体験を提供するもの。

新たな歴史体験として、平城宮跡歴史公園内の屋外の「復原遣唐使船」を舞台に、ダンサーのパフォーマンスにMRグラスに表示させたCG演出効果を重ね合わせ、舞台風歴史体験を実現するという。

複数の参加者のMRグラスからの情報収集や映像コンテンツの配信に低遅延のローカル5Gを活用し、参加者の位置や移動に合わせた映像表示や、手の動きなどのジェスチャーに合わせた演出映像の参加者全員の共有などが楽しめるという。これにより、通常の史跡見学では味わえない、歴史空間に仲間と一緒に入り込む新たな歴史観光体験を実現するとしている。

また、新たな移動体験として、平城宮跡歴史公園の交通ターミナルを約5分間で周回する自動運転低速EVカート車内に、AIコンダクターを搭載。手を車両から外に出したりマスクを外して乗車したりすると、車内映像をもとにAIコンダクターが注意アナウンスを行うという。さらに、参加者と対話して参加者の関心に合った解説や案内を行うということだ。車内の映像や音声をローカル5Gで低遅延で伝送するため、自然なアナウンスや対話が可能だという。

なお、同実証実験の各社の役割は、NECが全体管理、ローカル5G技術提供。凸版印刷がMR技術、映像配信制御システム開発、コンテンツ制作。マクニカが8人乗り低速EVカートと自動運転システム提供。コトバデザイン がAIコンダクター開発。

早川厚志

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加